LambdaからWebHookを使用してSlackにメッセージを送信してみる

  • 1
    Like
  • 0
    Comment

今回のお題

WebHookを使用して、Slackにメッセージを表示してみる。

SlackにPOSTしてみる

こちらを参考にさせていただきました。
Slackにincoming webhook経由でpythonからメッセージをPOSTする

lambda_function.py
import requests
import json

def lambda_handler(event, context):
    # slack送信Sample
    requests.post('webhookのURL', data = json.dumps({
        'text': 'Test\r\nHello Slack', # 投稿するテキスト
        'username': 'python_slack', # 投稿のユーザー名
        'link_names': 1, # メンションを有効にする
        'channel': 'test', # チャンネル
        'icon_emoji': 'icon', # アイコン
    }))

すると下記のようなエラーがログに出力されました

Syntax error in module 'lambda_function': Non-ASCII character '\xe9' in file /var/task/lambda_function.py on line 4, but no encoding declared; see http://python.org/dev/peps/pep-0263/ for details (lambda_function.py, line 4)

どうやら、UTF-8指定しないで日本語があるとエラーになるようです・・・
そこで、下記のようなソースに変えました

lambda_function.py
# coding: UTF-8
import requests
import json

def lambda_handler(event, context):
    # slack送信Sample
    requests.post('webhookのURL', data = json.dumps({
        'text': 'Test\r\nHello Slack', # 投稿するテキスト
        'username': 'python_slack', # 投稿のユーザー名
        'link_names': 1, # メンションを有効にする
        'channel': 'test', # チャンネル
        'icon_emoji': 'icon', # アイコン
    }))

頭にUTF-8を指定する一行を追加。保存して、再度テストを実行します。

Unable to import module 'lambda_function': No module named requests

違うエラーになりました・・・

【AWS】Lambdaでpipしたいと思ったときにすべきこと

こちらを参考に、requestsを上げるようにします。

VS Codeを使用して、ディレクトリ内にrequestsを入れる

  1. 上記に書いたソースでpyファイルを作成し、VS Codeで開きます。
  2. VS Codeのターミナルを開いて、 pip install requests -t . を実行する。

作業フォルダを圧縮する

スクリーンショット 2017-11-14 23.49.04.png
この階層を丸ごと圧縮します。1つ上の階層でフォルダを圧縮して上げる方法もあるようですが、分かりやすいんでこちらを圧縮します。
名前はとりあえずslack.zipとかにしました。

zipをアップロード

AWSに戻り、コード エントリ タイプで、.ZIPファイルをアップロードを選択します。
スクリーンショット 2017-11-14 23.50.47.png

関数パッケージのアップロードを選択して、先ほどの圧縮ファイルを選択します。
スクリーンショット 2017-11-14 23.52.32.png

ファイルを選択したら、保存を押下します。
スクリーンショット 2017-11-14 23.53.35.png

またエラー・・・

スクリーンショット 2017-11-14 23.54.08.png

どうやら、ハンドラをちゃんと設定する必要があるようです・・・
設定するpyのファイル名(今回はslack.pyなので、slack)と実行するファンクション名を入力し、
再度圧縮ファイルをアップロードします。
スクリーンショット 2017-11-14 23.54.55.png

アップロード完了したので、テスト実行

内容をきちんとした設定内容に変更し、実行します。

lambda_function.py
# coding: UTF-8
import requests
import json

def lambda_handler(event, context):
    # slack送信Sample
    requests.post('webhookのURL', data = json.dumps({
        'text': 'Test\r\nHello Slack', # 投稿するテキスト
        'username': 'python_slack', # 投稿のユーザー名
        'link_names': 1, # メンションを有効にする
        'channel': 'test', # チャンネル
        'icon_emoji': 'icon', # アイコン
    }))

Slackにでました!!
スクリーンショット 2017-11-15 0.02.30.png