Help us understand the problem. What is going on with this article?

Azure App Serviceを使ってWebサイトを公開する

More than 3 years have passed since last update.

このチュートリアルの内容は次の通りです。

  1. Azure App Serviceを作成する
  2. HTMLファイルを作成しOneDriveにアップロードする
  3. OneDriveのファイルをApp Serviceにデプロイする
    デプロイの方法はいくつかありますが、今回はOneDriveを利用します

1. AzureアカウントでAzure Portalにサインインする

https://portal.azure.com/
クリップボード01.png

2. Web Appを新規作成する

左端のメニューで、[+ 新規]、[Web + モバイル]、[Web App] の順にクリックする
クリップボード04.png

アプリ名、リソースグループ名を入力し、[作成]をクリック
クリップボード05.png

しばらく待つとデプロイが完了し、通知メッセージが表示される
クリップボード06.png

3. Web Appの確認

ダッシュボードを更新すると、作成したWebサイトが[すべてのリソース]に表示される
クリップボード07.png

作成したWebサイトをクリックすると、Web Appの詳細が表示される
クリップボード08.png

ブラウザでURLを開くと、AzureのWeb Appが作成されている
クリップボード09.png

4. Webページの作成

このようなHTMLファイルを作成し、OneDriveにアップロードする
https://onedrive.live.com/

index.html
<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta charset="utf-8" />
<title>My website</title>
</head>
<body>
<p>Hello World</p>
</body>
</html>

場所は、ファイル > Apps > Azure Web Apps > mytutorialsite のように
クリップボード18.png

5. Webサイトのデプロイ

[デプロイ オプション]、[ソースの選択]をクリックし、[OneDrive]をクリックする
クリップボード11.png

OneDriveへのアクセス許可を要求されるので[承認する]をクリックする
クリップボード12.png

OneDriveへのアクセス許可を要求されるので[はい]をクリックする
クリップボード13.png

[OK]をクリックする
クリップボード14.png

WebサイトのファイルがOneDriveのファイルと同期される
クリップボード19.png

6. Webサイトの確認

おつかれさまでした
クリップボード20.png

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした