search
LoginSignup
17

More than 3 years have passed since last update.

posted at

updated at

Organization

プロキシ配下&日本語でJMeter4.0を起動する

はじめに

JMeter4.0を導入した際に、日本語化とプロキシの設定で手こずりましたので、忘れない内に手順を記載します。

Apache JMeterとは?

Webサーバーの負荷テストを実施できるPCソフトです。

類似のソフトにcurl, Postman, Insomnia等があります。これらのソフトとJMeterがどう違うのか?という話は、ここでは解説しません。

導入環境

以下の環境に導入しました。

  • Windows 10 64bit
  • Apache Jmeter 4.0 r1823414

Linuxの場合は、こちらが参考になります。
Apache JMeter4.0 インストールとプラグイン

JMeter4.0の導入

こちらの公式サイトにアクセスし、Binariesapache-jmeter-4.0.zipをダウンロードしてください。
Download Apache JMeter

01_download.PNG

ダウンロードしたZIPファイルを解凍し、出てきたapache-jmeter-4.0フォルダをお好きなフォルダにコピーしてください。

私は、C:\apache-jmeter-4.0 にコピーしたので、以降の説明はこれをJMeterのインストールパスとします。

JMeterを起動

次に、JMeterを起動します。

C:\apache-jmeter-4.0\bin\jmeter.batを実行します。

コマンドプロンプトが起動し、数秒待つと、ウィンドウが起動します。

02_english.PNG

こんな感じの画面が表示されればインストールは成功です。一旦この画面は閉じてください。

日本語でJMeterを起動

JMeterは日本語でも起動できるので、その手順を紹介します。

こちらを参考にしました。
Changing JMeter language

C:\apache-jmeter-4.0\binjmeter_ja.batというバッチファイルを作成し、中身を以下のようにします。

rem 言語・国を設定
set JVM_ARGS="-Duser.language=ja"

rem JMeterを起動
jmeter.bat

後はこのバッチファイルを実行するだけです。

03_japanese.PNG

これで日本語で起動できました。

ちなみに、このバッチファイルのJVM_ARGSというのは、JVM(Java仮想マシン)のオプションのようです。
JMeterの土台となっているJVMのロケールを日本にすることで、JMeterも日本語になるという仕組みです。

プロキシ配下でJMeterを起動

ネットワーク環境によっては、プロキシ配下にPCがある場合があります。この場合、プロキシ設定をしないと、JMeterが正常に動作しません。その設定手順を紹介します。

こちらを参考にしました。
Using JMeter behind a proxy

先ほどのjmeter_ja.batの中身を以下のように変更します。

rem 言語・国を設定
set JVM_ARGS="-Duser.language=ja"

rem JMeterを起動
jmeter.bat -H "ホスト名" -P "ポート" -u "ユーザー名" -a "パスワード" -N "127.0.0.1|localhost"

ホスト名, ポート, ユーザー名, パスワードがプロキシの設定です。ご自身のネットワーク環境に応じて設定してください。
localhostの場合は、プロキシを通ってほしくないので、-Nで指定しています。

後はこのバッチファイルを実行するだけです。

これで、プロキシ配下でもJMeterが使えるようになりました。

JMeter Plugins Managerの導入

必須ではないですが、便利なので、JMeter Plugins Managerも導入します。
これはJMeter用のプラグインを管理するツールです。

こちらの公式サイトにアクセスし、plugins-manager.jarをクリックし、jmeter-plugins-manager-1.3.jarをダウンロードしてください。
Installing Plugins

04_plugin.PNG

05_chrome_error.PNG

Chromeの場合、こんな警告が表示されますが、気にせず保存してください。

ダウンロードしたjarファイルを、C:\apache-jmeter-4.0\lib\extフォルダにコピーしてください。

JMeterを起動して、オプションの項目の中にPlugins Managerが追加されていれば、インストール成功です。

06_success.PNG

最後に

プロキシ配下かつ日本語でJMeterを起動することができました。

JMeterのJSONレスポンスを自動的に整形する方法も記事にしてみたので、よければ参考にしてみてください。
https://qiita.com/segur/items/cf169f9d32350a8e226f

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
17