Edited at

WindowsにSpring Tool Suiteを導入する


はじめに

仕事でJava Springを扱うことになったので、備忘録もかねて環境構築の手順を記載します。

各ソフトのダウンロードやインストールに時間がかかりますので、まとまった時間があるときに実施した方がよいです。


本記事のターゲット

本記事は、Web開発の経験はあるけどJava Springは初めてという人を対象にします。

また、PCはWindows 10 64bitを想定しています。

Macの場合は、別に記事を作りましたので、こちらをご参照ください。

MacにSpring Tool Suiteを導入する


JDKのインストール

まずはJDKのインストールが必要です。

Java SE Development Kit 8 Downloads

Oracle公式のこちらのページからjdk-8u172-windows-x64.exeをダウンロードします。

image.png

インストーラーを実行し、デフォルト設定のまま作業を進めます。

すると、インストールパスは以下のようになります。

C:\Program Files\Java\jdk1.8.0_172

システム環境変数の設定ページを開き、新規ボタンから以下を追加してください。


  • 変数名: JAVA_HOME

  • 変数値: C:\Program Files\Java\jdk1.8.0_172

そしてPathの先頭に以下を追加してください。


  • %JAVA_HOME%\bin


Mavenのインストール

Downloading Apache Maven

Apache公式のこちらのページからapache-maven-3.5.3-bin.zipをダウンロードします。

image.png

ZIPファイルを解凍すると、*apache-maven-3.5.3 *というフォルダが出てきますので、Cドライブ直下に配置します。

システム環境変数の設定ページを開き、新規ボタンから以下を追加してください。


  • 変数名: M2_HOME

  • 変数値: C:\apache-maven-3.5.3

そしてPathの先頭に以下を追加してください。


  • %M2_HOME%\bin


settings.xmlの設置

まず、ユーザーディレクトリに.m2ファイルを作成し、settings.xmlをコピーします。

rem .m2ディレクトリを作成

mkdir %USERPROFILE%\.m2

rem settings.xmlをコピー
copy %M2_HOME%\conf\settings.xml %USERPROFILE%\.m2

必要であれば、100行目あたりに、プロキシの設定ができるので、コメントアウトを外して編集します。

  <proxies>

<!-- proxy
| Specification for one proxy, to be used in connecting to the network.
|
|-->

<proxy>
<id>optional</id>
<active>true</active>
<protocol>http</protocol>
<username>proxyuser</username>
<password>proxypass</password>
<host>proxy.host.net</host>
<port>80</port>
<nonProxyHosts>local.net|some.host.com</nonProxyHosts>
</proxy>
</proxies>


Spring Tool Suite のインストール

Spring Tool Suite はSpring専用の統合開発環境です。Eclipseをベースにしています。

Spring Tool Suite Downloads

Spring公式のこちらのページからspring-tool-suite-3.9.4.RELEASE-e4.7.3a-win32-x86_64.zipをダウンロードします。

※追記。3.9.4では、新規プロジェクト作成時にプロキシの認証エラーが発生しました。バグのようですので、プロキシ環境の場合は3.9.3を導入した方がよいかもしれません。

image.png

ZIPファイルを解凍すると、sts-bundleというフォルダが出てきますので、Cドライブ直下に配置します。


Spring Tool Suite の日本語化

必要であれば、日本語化します。

Pleiades - Eclipse プラグイン日本語化プラグイン

EclipseのページからPleiades プラグインpleiades-win.zipをダウンロードします。

image.png

ZIPファイルを解凍すると、中にsetup.exeというファイルがありますので、実行します。

image.png

選択をクリックし、C:\sts-bundle\sts-3.9.4.RELEASE\STS.exeを指定します。

image.png

ファイルが指定できたら、日本語化するをクリックします。


Spring Tool Suite の起動

インストールができたので、C:\sts-bundle\sts-3.9.4.RELEASE\STS.exeを起動します。

image.png

もし、こんなエラーが出たら、インストールしたJDKかSTSのどちらかが32bit版の可能性がありますので、見直した方がよいです。

問題がなければ、ワークスペースを設定する画面が出ます。

名称未設定 1.png

特にこだわりがなければ、そのままの設定で起動をクリックしましょう。

image.png

こんな感じの画面が表示されれば成功です。


Mavenの設定

STSを起動し、メニューバー→ウィンドウ設定Mavenインストールを確認してください。

image.png

もし、インストールしたMavenが一覧になければ、追加してください。


Lombokの導入

必要であれば、Lombokを導入します。

Lombokは、ビルド時にgetter/setterを自動生成してくれるライブラリで、便利なので使っています。

Lombok Project Download

Lombokのページからlombok.jarをダウンロードします。

image.png

ダウンロードができたら、コマンドプロンプトでlombok.jarを起動します。

rem ダウンロードフォルダへ移動

cd %USERPROFILE%\Downloads

rem lombok.jarを起動
java -jar lombok.jar

起動すると、こんな画面になります。

lombokjar.png

1分程待つと、IDEsの箇所に、STS.exeのパスがいくつか表示されます。

今回インストールしたC:\sts-bundle\sts-3.9.4.RELEASE\STS.exeを選択し、Install / Updateをクリックします。

Install successfulと表示されたら、lombokの導入は終了です。

以上で終了です。おつかれさまでした。