0
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 1 year has passed since last update.

posted at

updated at

【SAP Data Warehouse Cloud】オンプレ OracleDBへの接続手順 ~その2~

前回の続きから。

今回はStep.4~5やっていきます。

Step. 内容
1 DP Agentの入手
2 DP Agentのインストール
3 IP許可リストの登録
4 DP Agentの設定
5 サードパーティのドライバアップロード
6 DP Agentの疎通確認
7 データベースへの接続

Step.4 DP Agentの設定

DWCの管理画面から「データ統合」タブを開き、「オンプレミスエージェント」セクションへ移動します。
ここからオンプレにあるDP Agentを認識させます。

まずは「+」アイコンをクリックします。
image.png

「新しいデータプロビジョニングニングエージェントの作成」ダイアログが表示されるので、
任意のエージェント名を入力して「作成」ボタンをクリックします。

ここではエージェント名を「AGENT_ORACLE_DB」としました。
image.png

DP AgentをDWCに登録するための情報が表示されます。
(オンプレ側でDP Agentの設定中にこの情報を入力する必要があるため、画面は開いたままにしてください)
image.png

オンプレ側のDP Agentをインストールしたサーバにて、コマンドプロンプトを管理者権限で開きます。

カレントディレクトリを
「DP Agentインストールフォルダ\bin(C:\usr\sap\dataprovagent/sapjvm/bin)」へ移動します。

コマンド「agentcli.bat –configAgent」を実行し、設定プログラムを開始します。
image.png

ここから対話形式に設定していきます。慣れれば簡単。

オプション2を入力します。(エージェントの開始または停止)
オプション1を入力します。(エージェントを開始します)
オプションbを入力して、前の画面に戻ります。
オプション1を入力します。「Status:Running」(エージェントが実行されているかどうか)を確認します。
※エージェントが開始できない場合は、試しに停止してから開始してください。
image.png

Enterキーを押して、前の画面に戻ります。
オプション6を選択します。(SAP HANA Connection)
オプション2を選択します。(JDBC経由でSAPData WarehouseCloudに接続します)
image.png

DWC側で表示させている情報をコマンドラインで入力します。
image.png

エージェントを停止して再度開始します。
入力した情報が表示されることを確認します。
DP Agentの設定画面(コマンドプロンプト)は「Quit」で終わらすか、閉じて下さい。
image.png

※エラーが起きる場合などは再度設定してください。
※必要に応じてファイヤーウォールのポート開放も行ってください。
image.png

※また、サービスのアカウント情報にてパスワードを再入力してみてください。
image.png

Step.5 サードパーティのドライバアップロード

DWCにOracleのドライバをアップロードします。
今回はOracle DB 12cへ接続するため「instantclient-basiclite-linux.x64-12.2.0.1.0.zip」が必要。

Linux版を公式からダウンロードしてください。(リンク切れの場合は自力で探すか、互換性のあるinstantclientを使う)

 
ダウンロード後、DWCの管理画面から「データ統合」タブを開き、「サードパーティのドライバ」セクションへ移動します。
ダウンロードしたドライバをzipのままアップロードします。
image.png

アップロード完了後、ドライバを同期して該当のアダプタを有効にします。(「同期」ボタンをクリック)
image.png

同期が終了するまで待機。失敗した場合は再度同期させます。
image.png
image.png

あともうひと踏ん張りです。

次回

Step.6 DP Agentの疎通確認
Step.7 データベースへの接続

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Sign upLogin
0
Help us understand the problem. What are the problem?