0
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 1 year has passed since last update.

posted at

updated at

【SAP Data Warehouse Cloud】オンプレ OracleDBへの接続手順 ~その3~

当シリーズの締め。

Step.6~7やっていきます。

Step. 内容
1 DP Agentの入手
2 DP Agentのインストール
3 IP許可リストの登録
4 DP Agentの設定
5 サードパーティのドライバアップロード
6 DP Agentの疎通確認
7 データベースへの接続

Step.6 DP Agentの疎通確認

前回までの手順が上手くいけば、DWCがオンプレ側のDP Agentを認識します。(パネルに「CONNECTED」と表示)
「…」ボタン→「編集」をクリックします。
image.png

「OracleLogReaderAdapter」にチェックを入れ、「保存」をクリック。
image.png

エージェントアダプタを有効にしようとしたところ、エラーが発生。
image.png

JVMバージョンがojdbcファイルで機能していない可能性あり。 

対応方法としてDP Agentをインストールしたサーバにて、
「C:\usr\sap\dataprovagent\lib」フォルダへ「ojdbc8.jar」を入れます。(ojdbc8.jarはOracleからダウンロードする)

その後、DP Agentを再起動する。
するとエージェントアダプタ(OracleLogReaderAdapter)が有効になります。
image.png

Step.7 データベースへの接続

いよいよDWCからオンプレのOracleDBへ接続です。

DWCの「スペース管理」から「接続」セクションへ移動します。
「ローカル接続」にて「+」アイコンをクリックします。
image.png

接続の作成ダイアログが開きます。
接続タイプで「Oracle」アイコンをクリック。
image.png

任意のビジネス名と技術名を入力します。
データプロビジョニングエージェントは「Step4.DP Agentの設定」で設定した名前を選択します。

「次のステップ」ボタンをクリック。
image.png

データベースへの接続情報を入力します。
ここではOracleDBの「tech1008」スキーマへ接続する情報を入力します。
(※スキーマ名は必ず大文字で入力してください。小文字だと接続できません。)

「接続を作成」ボタンをクリック。
image.png

作成した接続情報を選択して、「接続をチェック」アイコンをクリックします。
image.png

警告となっていますが、接続が有効であることを確認。
image.png

いよいよ最後の手順になります。

まずは確認。こちらはSQL Developerで見てるOracle側のテーブル。
image.png

DWCにてデータビルダから「新しいグラフィックビュー」を開いて「ソース」を見ると、
OracleDBへの接続名が表示されます。(ちょっと感動)

接続名→ユーザ名→「Tables」の順に展開すると、OracleDB側にあるテーブル名が表示されます。
image.png
image.png

あとはテーブルをキャンバスへドラッグ&ドロップするとインポート・デプロイできるので、
リモートテーブルとして利用できます。(複製してもいいですね)

長かった。
お疲れ様です。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Sign upLogin
0
Help us understand the problem. What are the problem?