GitLab
docker
CoreOS
docker-compose

日本語版GitLabサーバをdocker-compose一発で立ち上げる

More than 1 year has passed since last update.

注意

その1
tnir様よりご指摘いただき、日本語化パッチはメンテナンスが止まっているとのことでした。
GitLab本家で翻訳も進んでるようです。
その2
ABE_TAKASHI様よりご指摘いただき、9.5.0で日本語化対応されているとのことでした。
実際に立ち上げてみたところ、言語設定はできるようですが、日本語化されているのは一部分だけのようです。

見てほしい人

  • 英語が苦手
  • GitLabを使いたいのに日本語対応していないので導入に踏み出せない

前提

  • Linuxのマシンを所持
  • Dockerをインストール済み
  • docker-composeをインストール済み

やればいいこと

以下の2つです

  1. docker-compose.yml 作成

    • docker-compose.yml
      gitlab-mysql:
        restart: always
        image: sameersbn/mysql:latest
        container_name: gitlab-mysql
        environment:
          - DB_USER=gitlab
          - DB_PASS=password
          - DB_NAME=gitlabhq_production
        volumes:
      # データ永続化のため、/srv/docker/gitlab/mysqlはよしなに
          - /srv/docker/gitlab/mysql:/var/lib/mysql
          - /etc/environment:/etc/environment:ro
          - /etc/localtime:/etc/localtime:ro
      gitlab:
        restart: always
        image: searazazel/docker-gitlab:latest
        container_name: gitlab
        ports:
          - 10080:80
        links:
          - gitlab-redis:redisio
          - gitlab-mysql:mysql
        environment:
          - DEBUG=false
          - TZ=Asia/Tokyo
          - GITLAB_TIMEZONE=Tokyo
      
          - GITLAB_SECRETS_DB_KEY_BASE=long-and-random-alphanumeric-string
          - GITLAB_SECRETS_SECRET_KEY_BASE=long-and-random-alphanumeric-string
          - GITLAB_SECRETS_OTP_KEY_BASE=long-and-random-alphanumeric-string
      
          - GITLAB_HOST=localhost
          - GITLAB_PORT=10080
          - GITLAB_SSH_PORT=10022
          - GITLAB_RELATIVE_URL_ROOT=/gitlab
      
          - GITLAB_NOTIFY_ON_BROKEN_BUILDS=true
          - GITLAB_NOTIFY_PUSHER=false
      
          - GITLAB_EMAIL=admin@example.com
          - GITLAB_EMAIL_REPLY_TO=noreply@example.com
          - GITLAB_INCOMING_EMAIL_ADDRESS=reply@example.com
      
          - GITLAB_BACKUP_SCHEDULE=daily
          - GITLAB_BACKUP_TIME=01:00
      
          - SMTP_ENABLED=false
          - SMTP_DOMAIN=www.example.com
          - SMTP_HOST=smtp.gmail.com
          - SMTP_PORT=587
          - SMTP_USER=mailer@example.com
          - SMTP_PASS=password
          - SMTP_STARTTLS=true
          - SMTP_AUTHENTICATION=login
      
          - IMAP_ENABLED=false
          - IMAP_HOST=imap.gmail.com
          - IMAP_PORT=993
          - IMAP_USER=mailer@example.com
          - IMAP_PASS=password
          - IMAP_SSL=true
          - IMAP_STARTTLS=false
        volumes:
      # データ永続化のため、/srv/docker/gitlab/gitlabはよしなに
          - /srv/docker/gitlab/gitlab:/home/git/data
          - /etc/environment:/etc/environment:ro
          - /etc/localtime:/etc/localtime:ro
      gitlab-redis:
        restart: always
        image: sameersbn/redis:latest
        container_name: gitlab-redis
        volumes:
      # データ永続化のため、/srv/docker/gitlab/redisはよしなに
          - /srv/docker/gitlab/redis:/var/lib/redis
          - /etc/environment:/etc/environment:ro
          - /etc/localtime:/etc/localtime:ro
      
    • gitlab/environmentは、自分の環境に合わせて書き換えます

  2. docker-compose up -d

やっていること

sameersbn様のリポジトリ1をフォークして、Dockerfile にksoichiro様作成日本語化パッチ2をあてる処理を追加
これです→docker-gitlab

注意してほしいこと

  • ざっくり対応しただけなので、細かいところまで対応しきれていない可能性があります
    • 半年の運用上では問題は出ていません
  • 他人(ksoichiro様)頼みなので、GitLabバージョン更新時の対応は、私ではコントロールしきれません
  • 日本語化のバージョンアップされていることを確認したら、私も対応します
    • ≒バージョンアップに気づかない場合は、更新が遅れます
  • PostgresではなくMySQLを採用しています

動作環境

# cat /etc/os-release
NAME=CoreOS
ID=coreos
VERSION=1185.3.0
VERSION_ID=1185.3.0
BUILD_ID=2016-11-01-0605
PRETTY_NAME="CoreOS 1185.3.0 (MoreOS)"
ANSI_COLOR="1;32"
HOME_URL="https://coreos.com/"
BUG_REPORT_URL="https://github.com/coreos/bugs/issues"

参照