Edited at

EthFund:分散型クラウドファンディング

私たちはブロクチェーン技術について2週間の勉強していました。10月25日に、ブロクチェーン技術でアプリについてを発表しました。私たちが3日以内ぐらいで「EthFund」というクラウドファンディングアプリを作れるようになったのは自分でも驚きでした。


自己紹介

こんにちは、サム (@sbenemerito) です。奥多摩の留学生です。日本語とブロクチェーン技術を勉強しています。2018年10月に日本にフィリピンから来ました。


ブロクチェーン技術とは

ブロックチェーンは多目的な技術です。ブロックチェーン技術を使ったら、データを改ざんして削除することができません。現在、様々な産業において多くのアプリケーションはブロックチェーン技術を応用できる可能性があります。有名な実装にはBitcoinEthereumがあります。

ブロクチェーン技術は暗号通貨のためにも使っています。例えば、現在、「Ether」というEthereumの暗号通貨の価値は22,500円ぐらいです。

このリンクでブロクチェーン技術とEthereumについてをもっと読むことができます。

https://blockgeeks.com/guides/what-is-ethereum/


EthFund (イースファンド)

Ethfundは分散型クラウドファンディングアプリです。このシステムは何でもプロジェクトのために誰でもは資金を求めることとか施すことができます。JP (@gwendanielle) とGwen (@gwendanielle) と一緒に 、このアプリを作りました。


使い方の例



Fund projectsページでは、ぜんぶプロジェクトを見ることができます。1つのプロジェクトをクリックすると、そのプロジェクトの詳細を見ます。プロジェクトのページでは、そのプロジェクトのためにEtherをつかって資金を施すことができます。



Start fundraisingページでは、プロジェクトを作成することができます。あとで、そのプロジェクトで資金を受けることができます。


作成することの理由

私たちがこの分散型クラウドファンディングアプリを作った理由は、ブロックチェーン技術をつかうことによって、仲介人をなくし、中間マージンを抑えられるからです。例えば、Kickstarterでは5%の手数料がかかり、チャレンジャーが獲得したお金からひかれてしまいます。


アーキテクチャー



ブロクチェーン技術の他に、様々な技術は使いました。このシステムのフロントエンドはReactJSを使って作られましたけど、スマートコントラクトにアクセスするためにWeb3をつかいました。そして、そのスマートコントラクトはSolidityを使って作られました。REST APIバックエンドはPython言語Djangoフレームワークを使って作られました。


改善

現在のアーキテクチャでは、いくつかことを改善することができます。例えば、フロントエンドからスマートコントラクトにアクセスするの代わりに、Pythonバックエンドからスマートコントラクトにアクセスします。このシステムではたくさんことを改善することができると思いますけど、良いスタートです。


結論

このプロジェクトを作ることができましたから、満足と嬉しいしています。そして、楽しみにブロクチェーン技術でもっとアプリをつくります。ご清聴ありがとうございました!

GitHubでこのシステムのコードを見ることができます。