Help us understand the problem. What is going on with this article?

Backlogの更新情報をIFTTTでSlackへだらだらと流す

More than 5 years have passed since last update.

スクリーンショット_10_23_14__4_12_PM.png

最近Backlogを使う相手が多いので、更新情報をSlackにも流すことにしました。

方針

連携には自前のサーバやプログラムをできれば使いたくない。
BacklogのダッシュボードにRSS(Basic認証)があるので、それを使ってみよう。

段取り

  1. RSSフィードが読めるように、Backlogにゲストユーザを作成
  2. ゲストユーザをプロジェクトに参加させる
  3. IFTTTでRSS then Slack

Backlogにゲストユーザを作成

RSSフィードはAPIキーで取れない気がしたので、Basic認証ができるように適当なゲストユーザを作成しました。メインユーザのID/Passを使うのは一応避けておきます。

HiganWorks_チケット取り扱い所-_Backlog.png

ゲストのメールアドレスはgmailの+でつくるエイリアスにしておくといいです。

RSSが取れるかチェックしよう、URLは次のようにすればOK。

https://{user-id}:{password}@{org-name}.backlog.jp/rss/{Project-ID}

あとはIFTTT

で、If Then。

If: new feed item from Backlog(RSS)
Then: post a message to a Slack channel

RSSなので15分おきにまとめて通知されます。

Slack.png

RSSにフィルタを掛けて、複数のチャンネルに振り分けてもいいですね。

Messageフィールドのオススメはこう。

{{EntryAuthor}} {{EntryContent}}

ああ、15分で50件以上の更新があったら漏れますが。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした