Edited at

Vimで矢印キーの有効無効を切り替える

More than 3 years have passed since last update.


この記事は最終更新から1年以上経過しています。 気をつけてね。


実践Vim を読んでいます、基本機能の習得・おさらいにはとても良い本だと思います。

さて、


コラム:矢印キーに指を伸ばすクセをやめる


によると、 矯正期間に限り vimrcで矢印キーを無効にしてしまうという例があった。

まだまだhjklでの移動をしない軟弱者なので、切り替えできるようにしてみた。


.vimrc

function! HardMode ()

noremap <Up> <Nop>
noremap <Down> <Nop>
noremap <Left> <Nop>
noremap <Right> <Nop>
endfunction

function! EasyMode ()
noremap <Up> <Up>
noremap <Down> <Down>
noremap <Left> <Left>
noremap <Right> <Right>
endfunction

command! HardMode call HardMode()
command! EasyMode call EasyMode()


これで:HardModeと打てば矢印キーが無効になり、:EasyModeでまた有効にできた。集中して作業できる時にHardModeにしてみよう。

なお、EasyModeExploreと出だしがかぶっているので、Eをよく使う人は別名にしましょう。