Help us understand the problem. What is going on with this article?

基本情報技術者 マネジメント系 第2章 プロジェクトマネジメント③

③サービストランジション、サービスオペレーション

サービス資産及び構成管理

これの役割はITインフラを構成する要素について最新情報を管理することです。
下記の管理があります。

  • 計画立案
  • 識別
  • 状態の監視
  • コントロール
  • 検証と監査

CMDB

Configuration Management DataBase: 構成管理データベース
サービス資産及び構成管理の情報の記録をしています。

CI

ConfigurationItem
サービス資産及び構成管理の対象となる要素

変更管理

変更手続きを定めることです。
RFCの検討から主に進めます。

下記の作業があります。

  • 記録
  • 受入
  • 分類
  • 計画立案
  • 調整
  • 評価

RFC

Request For Change
ITインフラに変更を加える場合に提出する文書

リリース及び展開管理

本番環境に投入すること

主な作業は以下です。

  • 計画立案
  • 設計、構築、設定
  • 切り戻し計画
  • テスト、リリースの受入
  • 導入計画
  • コミュニケーションと準備
  • 配布とインストール

メジャーリリース

新機能など大規模改修の場合

マイナーリリース

バグ修正など小規模の場合

緊急リリース

セキュリティなど緊急の場合

サービスデスク

最初の窓口

主な作業はこちらです。

  • 質問、問合せ対応
  • 情報提供
  • サプライヤへの連絡
  • 運用管理
  • ITインフラの管理

サービスデスクの形態

  • 中央サービスデスク: 一箇所集中
  • ローカルサービスデスク: 拠点ごと
  • バーチャルサービスデスク: 複数拠点に設置し通信回線で相互に接続した形式

インシデント管理

インシデント: 障害や事象

管理とはインシデント発生時に応急策を迅速に指示することです。

根本原因究明は後回しです。

下記の作業があります。

  • 受付と記録
  • 分類
  • 照合
  • 調査と判断
  • 解決と復旧
  • 終結
  • 進捗の追跡を監視

問題管理

インシデントの根本原因解決

いきなりは修正はせず、一度提案してから
余計な悪影響が出ないか確認してから行います。

下記の作業があります。

  • 問題の識別と記録
  • 問題の分類を割当
  • 問題の調査と診断
  • 応急修正
  • 解決と復旧
  • 終結
  • 進捗の追跡と監視

プロアクティブ問題管理

予防的に問題管理を行う

既知のエラー

解決と復旧に至ってるエラー

未知のエラー

問題そのものがわかってない

savaniased
TECH:EXPERTで一通り学びました。 今までのアウトプットと就活を兼ねて 色々投稿していこうと思います。 なお名前はペンネームなのであしからず。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした