Help us understand the problem. What is going on with this article?

macのpowがLoadErrorを表示する

More than 1 year has passed since last update.

僕のmacで最後にpowが動いていたのは、2014年の事でした。

それから3年間、『まあいいや』と放置していましたが、octopressのブログを真面目に書く事にしたので、直さないといけなくなりました。
とても今更な問題解決のエントリーですが、記録のために投稿します。

やったこと

いったん、powderコマンドでpowをアップデートしました。


sudo powder install
powder respawn
powder cleanup
powder env_reset

octopressのフォルダに移動し、以下のコマンドを実行しました。

powder link

ファイアウォールがEl Capitanから変わったので、対応が必要、という事なので、以下のコマンドを実行しました。

sudo launchctl load -w /Library/LaunchDaemons/cx.pow.firewall.plist

これでも、まだ表示は変わりません。

sudo vim /etc/pf.anchors/com.pow

Vimでpowの設定ファイルを編集し、以下の設定を追記しました。

  • rdr-anchor "com.apple/*" の次行
rdr-anchor "pow"
  • load anchor "com.apple" from "/etc/pf.anchors/com.apple" の次行
load anchor "pow" from "/etc/pf.anchors/com.pow"

次に、以下のコマンドを実行しました。

sudo echo "rdr pass on lo0 inet proto tcp from any to any port 80 -> 127.0.0.1 port 20559" > /etc/pf.anchors/com.pow"

rbenvなので、~/.powconfigに、以下の通り追記しました。

export PATH=~/rbenv/shims:~/.rbenv/bin:$PATH
eval "$(rbenv init -)"

これで解決しました。
けっきょく、Octopressはやめて、Jekyllに移行することにしましたが。

参考資料:

“LoadError: cannot load such file — bundler/setup”と表示される場合

http://linuxserver.jp/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0/ruby/on-rails/pow

https://github.com/basecamp/pow/issues/452

https://github.com/basecamp/pow/issues/452

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away