Help us understand the problem. What is going on with this article?

FirstResponderを見つける

More than 5 years have passed since last update.

はじめに

TextFieldを選択した時にキーボードで隠れないようにする際の事。

複数のTextFieldがある場合に、選択したTextFieldの下に調度良くキーボードが表示されるよう調整したかったため、どのコントロールがFirstResponderか取得する必要がありました。

調べた結果、こんな実装で取得できました。

FirstResponder取得メソッド

+ (UIView *)findFirstResponder:(UIView *)view
{
    if (view.isFirstResponder) {
        return view;
    }

    for (UIView *subView in view.subviews) {

        if ([subView isFirstResponder]) {
            return subView;
        }

        UIView *responder = [self findFirstResponder:subView];
        if (responder) {
            return responder;
        }
    }

    return nil;
}

ユーティリティクラスのクラスメソッドとして実装しました。
UIViewのカテゴリにするのも良いと思います。

使い方

    UIView *control = [Utils findFirstResponder:self.view];

    // nilではない場合、FirstResponderが存在

    if ([control isKindOfClass:[UITextField class]]) {
        NSLog(@"%@", control.description);
    }

おわりに

参考になりましたら幸いです。

参考

Get the current first responder without using a private API

satoshi0212
カリフォルニア州立大学コンピュータサイエンス学部卒業。 都内IT系開発会社で勤務後フリーエンジニアになり、バンド活動、動画イベント主催など。その後再びIT系開発会社に就職。365日iOSアプリ開発しています。
cyberagent
サイバーエージェントは「21世紀を代表する会社を創る」をビジョンに掲げ、インターネットテレビ局「AbemaTV」の運営や国内トップシェアを誇るインターネット広告事業を展開しています。インターネット産業の変化に合わせ新規事業を生み出しながら事業拡大を続けています。
http://www.cyberagent.co.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした