Help us understand the problem. What is going on with this article?

Azure Virtual Machinesのクォータ (コア数上限) の引き上げ

More than 1 year has passed since last update.

IaaSのAzure Virtual MachinesでGPUインスタンスであるNCシリーズのVMを使いたい、というシナリオで、クォータを確認し、その引き上げをリクエストする方法を紹介します。

Azureサブスクリプションの準備

Azureを使うには、「Azureサブスクリプション」が必要です。Azureサブスクリプションには、さまざまな種類があります。Azureサブスクリプションをすでにお持ちの方は、自分がどの種類のAzureサブスクリプションを使っているのか確認してください。

Azureサブスクリプションをまだお持ちでない方は、1か月間有効な20,500円分のクレジット (無料枠) が提供される無料試用版の登録をお薦めします。無料アカウントの登録には、Microsoftアカウント、電話番号、クレジットカードが必要です。

クォータの確認

Azureサブスクリプションには、「クォータ」があります。クォータとは、Azureのさまざまなリソースに設定されている制限です。Azure Virtual Machinesでは、Azureリージョン、VMインスタンスのシリーズごとに、クォータが設定されていることに注意してください。

仮想マシンのコアには、リージョンの合計の制限だけでなく、別に適用されるリージョンのサイズ シリーズ (Dv2、F など) ごとの制限もあることに注意してください。 たとえば、米国東部で VM のコア上限が 30、A シリーズのコア上限が 30、D シリーズのコア上限が 30 のサブスクリプションがあるとします。 このサブスクリプションでは、30 の A1 VM、30 の D1 VM、または合計コア数が 30 を超えないこの 2 つの組み合わせ (例: 10 の A1 VM と 20 の D1 VM) のデプロイが許可されます。

Azureサブスクリプションに設定されているクォータを確認してみましょう。Azureポータル (https://portal.azure.com/) で、「サブスクリプション」>「確認対象のサブスクリプション」>「使用量 + クォータ」に進みます。たとえば、NCシリーズのクォータを確認したい場合は、プルダウンリストで「Standard NC ファミリ Cores」、「すべてのプロバイダー」、「すべての場所」(リージョン)、「すべて表示」を選択します。

次の画面では、すべてのAzureリージョンで、NCシリーズに対して6コアのクォータが設定されていることが分かります。

1.png

この場合、各リージョンで、6コアのNC6のVMを1台作成可能です。NC12など、6コアより多くのコア数を持つNCシリーズのVMは、作成できません。

これらすべてのAzureリージョンでNCシリーズを使えるわけではないことに注意してください。次のページで、NCシリーズを利用可能なAzureリージョンの最新状況を確認できます。本稿執筆時点 (2017/07/31) では、米国東部、米国中北部、米国中南部、米国西部 2、北ヨーロッパ、西ヨーロッパの6リージョンで利用可能です。

無料試用版の従量課金サブスクリプションへのアップグレード

Azureの無料試用版サブスクリプションをお使いの場合は、おそらく、NCシリーズのクォータが6未満になっているはずです。この場合、最小のNC6インスタンスのVMの作成すら行うことができず、事実上NCシリーズを使えません。そのため、NCシリーズを使うためには、クォータの引き上げ依頼を行う必要があります。

クォータの引き上げを行う前に、従量課金サブスクリプションへのアップグレードを行う必要があります。従量課金サブスクリプションへのアップグレードを行っても、無料試用版のクレジット (無料枠) は引き続き有効ですので、クレジットを超えない限り完全無料で利用可能です。

無料試用版サブスクリプションでクォータの引き上げは可能ですか。

無料試用版サブスクリプションは、クォータの増量には対応していません。無料試用版をお持ちの場合、従量課金のサブスクリプションにアップグレードしてください。アップグレードの詳しい方法については、「Azure 無料試用版を従量課金制にアップグレード」をご覧ください。

クォータの引き上げ依頼

Azureポータルの「使用量 + クォータ」で、「引き上げを依頼する」をクリックします。「新しいサポート要求」で、次の情報を入力し、サポート要求を作成します。

  • 「問題の種類」: 「クォータ」
  • 「サブスクリプション」: 対象のAzureサブスクリプション
  • 「クォータの種類」: 「コア」
  • 「サポート プラン」: 「クォータ サポート - 含む」
  • 「重大度」: 「C - 最小限の影響」
  • 「デプロイ モデル」: 「リソース マネージャー」
  • 「場所」: NCシリーズを利用可能なAzureリージョンのうち、自分が利用したいリージョン
  • 「SKU ファミリ」: 「NC Series」
  • 「New Limit」: 現在のクォータより大きいコア数 (NC6を使いたい場合は「6」)
  • 「ご希望の連絡方法」: 「メール」または「電話」
  • 「言語」: 「日本語」
  • 「連絡先情報」: 名前、メールアドレス、電話番号など

2.png

3.png

マイクロソフトのサポートより、メールや電話で連絡が来るはずですので、適宜やり取りを行ってください。Azureポータルの「ヘルプとサポート」で、サポート要求の状況を確認できます。Azureポータルの「使用量 + クォータ」で、リクエストした新しいクォータが表示されれば、クォータの引き上げは完了です。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした