Help us understand the problem. What is going on with this article?

とりあえずこれからWPで個人ブログ始めたい人へ無料おすすめのテーマとプラグイン(過去の自分へのメッセージ)

More than 1 year has passed since last update.

今回は、とりあえずWPで個人ブログを始めたい人に向けたゆるーい記事を書きたいと思います。
とりあえず始めたい人に個人的に何回も個人ブログを作っては挫折した自分がこうしたほうがよかったなという意味を込めて書きます。

やってはいけないことは一つだけで、
デザインにこだわりすぎて最初から頑張らないことです。

ブログを書く上で大切なのは続く癖をつけて、記事を増やすことだと思います。
デザイナー(フロントエンジニア)を目指してるからWPをはじめてめっちゃ凝ったデザインにしていくぞっ!
と、PSDでデザイン作ってコーディングしてテーマ作成していく。
できた時には満足して記事を書きません。(数年前の私です)

何回もアホみたいに作るので、スキルは上がるかもしれませんが個人ブログが一向に成長しません。
なので、そんな人に(数年前の自分に向けた)記事を書きたいと思います。

いいから記事を書いて(過去の自分。。。)

とにかく、記事を書く癖をつけたほうがいいです。
ブログは記事がなければ意味がありません。(過去の自分に言ってます)
他のブログでこんな機能があるからこれをつけたいとかいいです。
記事が何十件もできると必要な機能が見えてきます。
そうしたら、無料テーマでは対応しきれないのでテーマを作ればいいです。(過去の自分に言ってます)

私が思うテーマの選ぶ基準

記事詳細もアイキャッチがなくても見栄えがいいものを選ぶことだと思います。
ブログを書く上で重要なのは記事の内容です。
アイキャッチがないとかっこよくないデザインは避けたほうがいいです。
個人的にはブログを書くで一番大変なのがアイキャッチの作成です。

始める人へおすすめのテーマ

おすすめプラグイン

導入するのはまだ早いプラグイン

  • AddQuicktag(https://ja.wordpress.org/plugins/addquicktag/)
    • 本文に登録しておいたタグを挿入できるプラグイン
      • ちゃんと設計してから使わないと負の遺産になるからとりあえず入れてはやめてね。つかっても、必要最低限にね(過去の自分に言ってます)
  • Contact Form 7(https://ja.wordpress.org/plugins/contact-form-7/)
    • フォームを簡単に作れるプラグイン
      • 始めたばかりの時はGoogleのフォームでも十分だと思いますよ。むしろブログ専用のツイッターアカウントを作ってDMへメッセージしてくださいでもいいとおもいます。(過去の自分に言ってます)

まとめ

同じことしか言ってませんが、どんなものが必要かはシンプルな状態から育てて必要な時に機能をつけたほうがいいです。
なので、最初にあれもこれも機能を考えてデザインしてテーマ作成して満足しないでください。(過去の自分に言ってます)
まずは続けれるようにシンプルなところからスタートをしていってください。(数年後の自分より)

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした