Android
Mac
IntelliJ

IntelliJ IDEAにAndroid App 開発環境を作成

Androidアプリを始めてみようと考えたが,環境がない・・・,ので
IntelliJにAndroid Studioの機能があるため,今回はそれを使おう!!!

セットアップ環境

MacBook Air (13-inch, Mid 2013)
OS X El Capitan

Android SDK

Android SDKをIntelliJに組み込んでいきます.

SDKをダウンロード

sdkmanager|Android Studio

今回は,Android Studioを使わない方向なので,コマンドラインツールのみを取得する.

インストールするために適当な場所に移動させる.

unzip sdk-tools-darwin-3859397.zip
mv tools ~/Application/
~/Application/tools/bin/sdkmanager

Android SDK インストール

sdkmanagerを用いて,Android SDKをインストールする.
今回は,
* build-tools;26.0.1
* platforms;android-26
* emulator
* tools

をインストールする.

# インストール可能なものをリストアップ
~/Application/tools/bin/sdkmanager --list
# インストール
~/Application/tools/bin/sdkmanager "build-tools;26.0.1" "platforms;android-26" "emulator" "tools"

~/Application/の下にインストールしたものが色々入っている.

IntelliJにAndroid SDKを追加

IntelliJを起動して,Configure > Project Default > Project Structure の "+"ボタンを押してAndroid SDKを追加する.

スクリーンショット 2017-09-04 11.18.03.png

すると,ファイル選択画面が出るので,~/Applicationを指定する.

これで簡単なAndroidの設定はできたと思う・・・.

Emulatorの高速化

デフォルトでは,Android Emulatorは付属してるが,何もしないと起動に時間がかかりすぎる!なので,高速化をしましょう!!!

必要なSDKのインストール

  • Intel x86 Atom System Image
  • Intel x86 Emulator Accelerator (HAXM installer)

をインストールする.
Tools > Android > SDK Managerを起動.
SDK PlatformsでShow Package detailにチェックして,使うAPIのVersionの "Intel x86 Atom System Image" にチェックを入れる.

スクリーンショット 2017-09-04 23.52.23.png

後,SDK Toolsの "Intel x86 Emulator Accelerator (HAXM installer)"にもチェックを入れる.

Intel x86 Emulator Accelerator(HAXM)のインストール

先ほど,Android ManagerでHAXMを選択したが,インストーラーをダウンロードしただけで,インストールはされていない.

SDKを配置した場所(~/Application/IntelliJ)から,extras/intel/Hardware_Accelerated_Execution_Manager/??????.dmgファイルでHAXMをインストールする.

これで,emulatorの起動時間が30秒ぐらいになった!!

スクリーンショット 2017-09-05 11.13.42.png

参考文献

Android sdk for Intellij IDEA | stackoverflow
Androidエミュレータは遅い!重い!!Intel x86設定で高速化して使うべし