Edited at

nvm + Node.js + npmのインストール

More than 1 year has passed since last update.


Node.js始めました

いろいろあってNode.jsを触り始めました。

備忘録も兼ねて、これからぼちぼち記事を書いていきます。


構成について

Node.js自体バージョンアップが頻繁であり、また、バージョン毎の差異で動作に支障が出ることも多いらしく1、Node.js自体を管理するnvm(Node Version Manager)をインストールした上で、nvmにNode.jsを管理させる形が良しとされている。

その為、nvmからインストールしていく。


nvmのインストール

nvmのドキュメントを参考にしながら以下のコマンドを実行。

curl -o- https://raw.githubusercontent.com/creationix/nvm/v0.33.11/install.sh | bash

インストール後は.bash_profileに以下の文が追加される(Vagrant環境の場合)。

export NVM_DIR="/home/vagrant/.nvm"

[ -s "$NVM_DIR/nvm.sh" ] && . "$NVM_DIR/nvm.sh"


Macの場合

.bash_profileが無い場合、上記のexport〜の設定がされないので手動で作成する。

touch ~/.bash_profile


.bash_profile

export NVM_DIR="$HOME/.nvm"

[ -s "$NVM_DIR/nvm.sh" ] && . "$NVM_DIR/nvm.sh"


Node.js + npmのインストール

とりあえず最新のLTSをインストールする。

nvm install --lts

nvm use --lts

node -v

でバージョンが表示されればOK。

MacBook:~ sansaisoba$ node -v

v8.11.3


LTSとは

Long Term Supportの略で、「長期サポート」的な意味。

https://nodejs.org/ja/download/

ここのダウンロードページに「推奨版」と書いているとおり、安定稼働の推奨版だと思えば良い。

記事執筆時点でのLTSはv8.11.3。


デフォルトの設定

このままだとsshでログアウトして再接続後は有効にならないので、

defaultのバージョンを指定しておく。これでログイン後にすぐ使える。

nvm alias default lts/*

別の記事では、.bash_profilenvm use defaultを書き込んでいるような記載もあるが、nvm alias defaultの設定をしておけば不要。


うまく動作しない場合


nvm: command not found

nvmのNoteにも書かれている通りMacであれば.bash_profileがあるか、上記の記載があるかどうかを確認する。

nvm自体は、~/.nvm以下にインストールされるので、このディレクトリも存在するとか念のため確認する。


node: command not found

再ログイン後にnode: command not foundになるのであれば、

nvm use --ltsnvm alias default lts/*を実行していないのであれば実行する。






  1. そのためか、導入記事だけでも1年前の記事が古くなってたりするのが多いので、こうやって初心者記事を再度まとめようという動機にもなりました…。(そしてこの記事もすっかり古くなったけど未だに参照されているので若干更新@07/2018)