Help us understand the problem. What is going on with this article?

openFrameworksでofxSyphonで映像を受け取る

More than 3 years have passed since last update.

ofxSyphonは映像送るのにしか使ってないぜ!

昔はメチャ扱いにくいaddonとして悪名高かったofxSyphonも、0.9.0からのprojectGeneratorパイセンによって余計な手間が必要なくなり、だいぶ扱いやすくなりましたね。

もっぱらofxSyphonは、oFでジェネったやつをVJソフトに送るためにoF→Syphonは使うけど、そういうときはだいたいVJソフト側で勝手に読み込んでリストアップしてくれるから困ることはない。

逆になんかからSyphonで受け取ったやつをoFで読む、というのはほとんど使わない。 oFでなんかやりたいときくらい。だからWebにリファレンスもほとんどない。それでハマった。

ofxSyphonのexampleより

スクリーンショット 2016-07-11 2.16.53.png

ofxSyphonのexample-Basicにはこのように書いてある。こうするとSimple Serverの映像を受け取れる。
スクリーンショット 2016-07-11 2.24.44.png

Simple Serverじゃない映像を出す

Simple Serverのときは簡単。でも例えばProcessingからSyphonのClientに送るときは、Processing Syphon - circleGenerateSyphonのように2つの部分に分かれる。(ファイル名長くてすみません)
スクリーンショット 2016-07-11 2.18.30.png

これをどうしたらいいかでしばらくハマった。これをmClient.set("","Processing Syphon - circleGenerateSyphon")と置き換えてもうまくいかない。

正解はこれ

mClient.set("Processing Syphon","circleGenerateSyphon")
これだけ。ここに気づくまで1時間かかった。

はい、おめでとう

スクリーンショット 2016-07-11 2.28.57.png

スクリーンショット 2016-07-11 1.03.59.png

ちなみに

Processing→Syphonで背景を透過させるには
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13120228093

canvas.background(0,0,0,0);
のように、Syphonで出すPGraphicsの背景のアルファを0にすればOK。なんか変な感じ。

Processing→Syphonの参考

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした