C#
Xamarin
電気系ガチ素人
Skype工学

電気系プログラミングガチ素人が、Xamarinでアプリ開発する話 7日目~~

まえがき

この記事は「Skype工学勉強会」の「アプリ作成部屋 Xamarin」での活動をまとめて記録したものです。参考書が、マイクロソフトさんから布教されておりますので、そちらを和訳しつつ、まとめて記事にしていく流れになっております。
しかし、当方、タグの通り、「電気系」の学生で「ガチ素人」であるため、先輩にまさかりを投げてもらいながら、覚えていく所存でございます。また、もし他に指摘点などございましたらぜひともよろしくおねがいします。

↓Xamarinの布教用PDF、Kindle版もございますので、英語読める方、ぜひとも。
https://blogs.msdn.microsoft.com/microsoft_press/2016/03/31/free-ebook-creating-mobile-apps-with-xamarin-forms/

前回までの活動

6日目

使おうと思ったら・・・「記述古いぞ!」って怒られた・・・

以下の文を実行しようと思ったら、記述が古いとのお達しが・・・

この記述は、どうやら、RuntimePlatform の構文に纏まったようです。
デバイス クラス

これによると、書式を以下に変更すると、できるようです

            //InitializeComponent(); 
#if __IOS__
            //Padding = new Thickness(100, 100, 100, 100);
#endif
            //Padding = Device.OnPlatform<Thickness>(new Thickness(0, 20, 0, 0),new Thickness(0),new Thickness(0));//これでは古い!!
            double top;//これから、
            switch (Device.RuntimePlatform)
            {
                case Device.iOS:
                    top = 20;
                    break;
                case Device.Android:
                case Device.UWP:
                default:
                    top = 0;
                    break;
            }
            Padding = new Thickness(100, top, 100, 0);//これに変更!!


        }

        }
  }

のようです。しかし、動かない・・・・
と思った時久々なので、あいつを設定することを忘れていたのです・・・

4日目あたりの・・・あいつをさ・・・

  • まずは、v4を検索し、Xamarinサポートをインストール
  • csprojファイルに記述を追加

で、解決しました。

またまた長かった・・・

あとがき

みなさんお久しぶりです!!
教育実習で実はプログラミングに触る機会が失せていた中、
土日で、禁断症状が出まして、Paizaで気を紛らわせましたw

また、駄文ではありますが継続していきますのでよろしくお願いします!