Help us understand the problem. What is going on with this article?

[Unity]冬のアドカレ2019 破壊系アセットGO Shatter Toolkitについて

この記事はUnityアセット冬のアドベントカレンダー 2019 Winter!の12月21日の記事になります。

GO Shatter Toolkitとは?

オブジェクトの破壊表現を簡単にしてくれアセットです。
最終リリースは2015年ですがUnity2019.2.3でも問題なく動作しました。

できること

qiita1.gif
オブジェクトをぶつけてオブジェクトを破壊。
破壊された破片オブジェクト同士がぶつかり、破壊されることもあります。

qiita2.gif
切断面のテクスチャをしているすことも可能。

基本的な使い方

キャプチャ.PNG

破壊したいオブジェクトにRigidbody、MeshCollider(Convexにチェック)、ShatterTool、WorldUvMapper、ShatterOnCollisionをアタッチする。

それぞれの機能は以下の通り(書いてないのは分からなかったやつです)

ShatterTool

破壊を制御するメインのスクリプト。

GenerationLimit

破壊された破片がさらに破壊される回数を指定できます。

Cuts

破壊された破片数を指定できます。

FillCut

切断面にメッシュを張るか指定できます。基本オンにしておいていいと思います。

WorldUvMapper

切断面にテクスチャを張るスクリプト。

Scale

テクスチャの大きさを指定します。

ShatterOnCollision

何かがぶつかったときに破壊するためのスクリプト。

RequiredVelocity

どれくらいの勢いでぶつかったら破壊するか。

CooldownTime

破壊した後何秒間、破壊を待機するか。

切断面のテクスチャを変える

11.PNG
先ほどのWorldUvMapperをTargetUvMapperに変更し、スタート位置と大きさを設定します。

sakastudio_
専門学生です。普段はUnityでゲーム作ったり、Steamでゲーム売ったりしてます。 5000兆円欲しいです。 Steam↓ https://store.steampowered.com/search/?developer=sakastudio
https://twitter.com/sakastudio_
unity-game-dev-guild
趣味・仕事問わずUnityでゲームを作っている開発者のみで構成されるオンラインコミュニティです。Unityでゲームを開発・運用するにあたって必要なあらゆる知見を共有することを目的とします。
https://unity-game-dev-guild.github.io/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした