Help us understand the problem. What is going on with this article?

VagrantでRailsの開発環境を作ったときに躓いたこと

はじめに

vagrantを使い、躓いたことの個人メモです。

共有フォルダ上でbundle installするとエラーになる

Vagrantfile
config.vm.synced_folder "./data", "/home/vagrant/data", create:"true"

こんなふうに共有フォルダを設定し、bundle install --path vendor/bundleを行うとnokogiriのインストールでエラーになりました。

以下のリンクを参考↓
Vagrantで共有フォルダ設定したフォルダでbundle installがコケる

結果的にgemのインストール先を共有ファルダじゃないところに変更しました。
/home/vagrant/.bundlesを作成しここにインストールします。

$ mkdir /home/vagrant/.bundles
$ bundle install --path /home/vagrant/.bundles/vendor/bundle

これでちゃんとbundle installが通ります。
bundle installのパスもちゃんと変更になっていました。なので次回以降はbundle installでちゃんと/home/vagrant/.bundles/vendor/bundleにインストールされます。

.bundle/config
---
BUNDLE_PATH: "/home/vagrant/.bundles/vendor/bundle"

ソースコードが自動リロードされない

rails serverを立ち上げて、コントローラーの記述を変更するとコードが自動で反映されず、rails serverを再起動する必要がありました。

以下参照↓
Rails5.1 サーバーのソースコード変更後の自動リロードの設定

以下の設定を行うだけで問題が解決しました。

config/environments/development.rb
# コメントアウト↓
# config.file_watcher = ActiveSupport::EventedFileUpdateChecker
# 追記↓
  config.file_watcher = ActiveSupport::FileUpdateChecker

railsアプリの作成からrails s まで

$ mkdir アプリ名
$ cd アプリ名
$ bundle init
$ bundle install --path vendor/bundle
$ bundle exec rails new . -d データベース
$ bundle exec rails db:create
$ bundle exec rails s -b 0.0.0.0 -d
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away