11
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 1 year has passed since last update.

posted at

Googleデータポータルで「年度ごとに同月を比較するグラフ」を書く

この記事は ノンプロ研 Advent Calendar 2019 の2019-12-10 分の記事になります。

私はこのところデータポータルが便利だなーと感じていて、ノンプログラマでも十分使いこなせますし、もはやエクセル、ワード、パワポと同じレベルで使えるようになるべきITツールだと思ってきました。

可視化するときの一つのTipsとして「年度ごとのグラフをつくる」を書きます。(ただ、この表現だと多分伝わらないのですよね、、、年度ごと、なのか年度別なのか、「年度ごとに同月を比較するグラフ」がわかりやすいのかな、、、こういうの正式にはなんて呼ぶのだろうか)

前提情報

  • データソースはGoogleスプレッドシート
  • 可視化はGoogleデータポータル
  • データポータルを使ったことがある(使ったことがない人は こちらに使い方を書いてあります!

出したいのはこういうグラフ

東京都の平均気温
last.png

1本の線はある年の情報で、X軸は「月」、Y軸は「平均気温」というグラフです。
(気温じゃなくても、例えば売上だったり、集客数だったり、を、「異なる年を月ごとに比較したい」ときのグラフです)

データソースの用意

今回は東京都の平均気温をグラフにしてみるので、データを 気象庁|過去の気象データ・ダウンロード よりデータいただきました。(今が 2019/12/09 の夜なので、2019年12月分は 12/8 までのデータです)

tk.png

データポータルの設定

データソースの選択

データポータルで、新規のレポートつくって、データソースに上記のスプレッドシートの「DP用」のシートを選択したところ。

dp02.jpg

フィールドの選択

デフォルトではこうなってると思います。
dp03.png

「年月」の情報が「YYYYMMDD」なので「何年何月何日の値」という情報になります。(スプレッドシートのA列が 2017/01 になってたとして、実際は 2017/01/01 という情報を持ってるから)

今回は「年ごと」「月ごと」の情報として扱いたいので、それ用のフィールドを作ります。

「年月」のフィールドを複製して「年」「月」のフィールドを作ります。

dp04.gif

グラフの作成

「グラフを追加」から「折れ線グラフ」を追加。
下記の赤枠のように設定するとデータ期間の最初から最後までをX軸として、全期間分のグラフができます。これだと2017年から2019年までが並んでいます。

dp05.png

今回は「月ごと」に比較したい!!

  • ディメンションに「月」を設定 → X軸が「月ごと」になる
  • 内訳ディメンションに「年」→ 折れ線グラフの線が「年ごと」になる

を設定するとこうなります ↓

dp06.png

できた!

まとめ

データポータルで日付けデータを扱うときは、そのデータを何のデータとして扱うのか、によって、それぞれのフィールドを作ってあげる必要があります。

「何のデータ」については、「フィールド」の「タイプ」で指定ができます。

dp08.png

「日付けと時刻」のタイプには下記が設定できます。どの単位で集計したいのか、によって使い分けるのがポイントですね。

  • 年(YYYY)
  • 年と四半期(YYYYQ)
  • 年月(YYYYMM)
  • ISOの年と週(YYYYww)
  • 日付(YYYYMMDD)
  • 日時(YYYYMMDDhh)
  • 年月日時分(YYYYMMDDhhmm)
  • 四半期(第1、第2、第3、第4)
  • 月(MM)
  • ISO週(ww)
  • 月日(MMDD)
  • 曜日(D)
  • 日(DD)
  • 時(hh)
  • 分(mm)

ということで、仕事でもプライベートでもいろんなものを可視化したら面白いと思います!

ナイスポータル! (←社内でまったく流行らない)

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Sign upLogin
11
Help us understand the problem. What are the problem?