Help us understand the problem. What is going on with this article?

ServiceNow CSAを受験してきた

はじめに

2020年2月13日、ServiceNow CSA(Certified System Administrator)を受験しました。
今後受験する人の参考になればと思い投稿します。

CSA概要

公式から抜粋

  • ServiceNowを管理・運用するために必要な知識の認定
  • 日本語/英語で受験可能
  • 90分
  • 60問
  • NewYork

(おそらく70%(42問)以上正解で合格)
この70%というラインが絶妙です

申し込み方法

ここ注意です。ピアソンVUEではありません
Kryterionというテストセンターになります。
都内でもまだ5箇所(秋葉原、池袋など)くらいしかなく、
時期によっては満席のこともありますので
計画を立てて早めに予約しておきましょう。
(AWS、GCP、Salesforceなどもこちらのようですね)
この方の記事を参考にして、
アカウントの登録や試験の予約をしてみてください。

試験範囲

ServiceNow Fundamentalsの研修で使用するテキストの中から出題されます。

問題傾向

出題傾向を書きます。

用語

ServiceNowで使われる用語をテキストに載っている言葉でおさえましょう。

機能

用語とも関連するかと思いますが、その機能でどんなことができるのか、おさえましょう。

操作

どのような操作をすれば、目的が達成できるか、おさえておきましょう。

テーブル名

テキストに載っているテーブル名はおさえておきましょう。

勉強方法

私が実践した勉強方法です。

公式のBlue Print(PDF)を一通り確認
 問題のウエイトなどを翻訳しながら確認
 出題の雰囲気を掴みましょう。例題が数問あります。
・ラボを2回実施
 一回目は操作に慣れるために、二回目は何を行っているのかを考えながら実施しました。
・出題傾向の「用語」「機能」「操作」「テーブル名」を整理
・無償インスタンスで色々と弄る
 ユーザ、グループ、ロール、List、Form、ACL、テーブルなどを作成しました。

試験を終えて

  • クリアボートやペンなどは渡されずすぐに試験開始しました。
  • 試験時間には余裕があり、慎重に解いても40分くらい余りました
  • 試験の終了後「合格」とだけ画面上に出て、とてもシュールでした。
  • スコアレポートもなく30分後くらいにはPDF付きのメールが来ました。
  • あいまいに覚えていると2択で悩みます
  • 各問題にはチェックボックスがあり、後で見返すときに便利です。活用しましょう。
  • ラボをしっかりやっておきましょう。
  • 変な日本語訳は英語だと何かを推測することもありました。

おわりに

どんな試験を受けても緊張しますね。
試験に合格できたことで、ServiceNowに関わる者として一歩を踏み出せたと感じます。

これからCSAを受験される方、一発合格できることを祈ってます。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした