Help us understand the problem. What is going on with this article?

Homebrewメモ

More than 5 years have passed since last update.

参考URL:http://d.hatena.ne.jp/takuya_1st/20111224/1324750111

homebrew本体と、formula情報(xxx.rb)のアップデート

brewでインストールしたパッケージは更新されない!

brew update

formula(パッケージ)のインストール

brew install パッケージ名

formula(パッケージ)のアンインストール

brew uninstall パッケージ名

formulaの検索

brew search パッケージ名
brew -S <検索ワード>

インストールパッケージの一覧

--versionsオプションを付けるとパッケージのバージョンも表示する

brew list [--versions]

インストールパッケージの中で最新でない物を一覧表示

brew outdated

最新でない(outdated)パッケージを更新する

Formula情報ではなく、パッケージ本体の更新。

パッケージ名は省略可能。パッケージ名を指定しなければ、全ての最新でないパッケージが最新の物になる。

brew upgrade [パッケージ名]

古いバージョンのパッケージを削除

パッケージ名は省略可能。パッケージ名を指定しなければ、全ての古いバージョンのパッケージが削除される。

brew cleanup [パッケージ名]

formula の情報を見る

brew info パッケージ名

brewの環境情報

brew --env

brewの本体情報

brew --config

シンボリックリンクの作成と削除

brew link パッケージ名
brew unlink パッケージ名  

メモ

古いバージョンのパッケージは明示的に削除しない限り残り続ける。

各パッケージの最新バージョンは「/usr/local/bin」または「/usr/local/sbin」配下にシンボリックリンクが作成される。

用語

formula

Homebrew では、いわゆるパッケージ名のことを formula と呼ぶ。

brewにてインストール可能な各パッケージのインストール情報。

実態は/usr/local/Library/Formulaにあり、xxx.rbに記述されている。

Cellar

デフォルトは /usr/local/Cellar

インストールしたパッケージの実体は/usr/local/Cellarにあり、/usr/local/bin//usr/local/lib/にシンボリックリンクが作られる。

Homebrewインストール後初回作業

Homebrewでインストールしたパッケージと、Macに最初から入っていたパッケージがある場合、Homebrewでインストールした方を使うようにする為に、~/.bash_profileに以下を追記。

export PATH="/usr/local/bin":$PATH
saba1024
ドイツでWeb系エンジニアとして働いている日本人です。 基本プログラマですがシスアドっぽいこともしています。 大体Groovy、Grails関連かサーバ関連の内容を書いています。 _(:3」∠)_ =3 ブーッ
https://doitu.info/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした