Help us understand the problem. What is going on with this article?

kotlinでNULLチェックインライン関数を作る

KotlinのNullチェックはまさに神だと思います。

v ?: return

Javaで書くとこういうことです。

if (v == null) {
  return
}

これに対して、NotNullチェックは特に用意されていないのです。
つまり、

if (v != null) {
  return
}

と、Javaのような書き方をしないといけません。

気にならない人は気にならないかもしれませんが、NullチェックとNotNullチェックが並んでいて、且つ頻繁に変更されることがあるとしたら、都度面倒な修正をしないといけないので、上記のような書き方ではちょっと嫌になります。

インライン関数の登場

自分好きな名前でインライン関数を作成してみましょう。

private inline fun <T> ifNotNull(p: T?, f: () -> Unit) {
    if (p != null) f()
}

private inline fun <T> ifNull(p: T?, f: () -> Unit) {
    p ?: f()
}

すると、下記のように同じフォーマットで書くことができます。

ifNull(aa) {}
ifNotNull(bb) {}
ifNull(cc) {}

NullチェックとNotNullチェックを変更する時は、メソッド名を変えるだけで、簡単に処理を切り替えることができます。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした