Linux
GitHub
初心者

GitHubを初めて使ってみる

はじめに

Gitを使った開発は何度かしてきましたが、
SourcetreeやEclipseからの操作が多く
コマンド操作をあまりしてこなかったので、
今回はGitHubに登録して、コマンドで色々試していこうと思います!
GitHubを使用するのは初めてです!

CentOS7で進めていきます。

GitHubに登録してみよう

まずは、GitHub公式ページから登録していきます。
ユーザ情報を入力してSignUpを押下します。

image.png

有料版と無料版を選択できます。
有料版にすると、公開したい人を制限できます。
今回は無料版で登録していきます。

image.png

最後にアンケートに答えて終わりです。
英語がわからない場合は、Skip this stepで良いかと。
image.png

Start a projectで登録したメールアドレスにURLが届きます。
URLを開いて、再度Start a projectを押下します。
image.png

リモートリポジトリを作成してみよう

リポジトリ名を入力して、Createボタンを押下します。
image.png

リモートリポジトリの作成が完了しました!
ここのURLは後ほど使用します。
image.png

ローカルリポジトリを作成してみよう

今回はホームディレクトリに移動して、
gitディレクトリを作成し、作成したディレクトリ配下をgit管理させます。
以下のコマンドで作成していきます。

[ryuji@ryuji ~]$ cd ~
[ryuji@ryuji ~]$ mkdir -m 777 git
[ryuji@ryuji ~]$ cd git
[ryuji@ryuji git]$ git init
Initialized empty Git repository in /home/ryuji/git/.git/
[ryuji@ryuji git]$ ll -a
total 12
drwxrwxrwx 3 ryuji ryuji 4096 Dec 22 16:20 .
drwx------ 5 ryuji ryuji 4096 Dec 22 16:20 ..
drwxrwxr-x 7 ryuji ryuji 4096 Dec 22 16:20 .git

git initコマンドを使用すると、.gitファイルが作成されます。
このファイルが存在する階層と、それ以下のディレクトリがgit管理されます。

特に問題なく作成できました!

コミットしてみよう

適当にVimでファイルを作成し、コミットしてみます。
使うコマンドは以下の二つです。
1. git add (ファイル名)
2. git commit -m "コメント"
1でインデックスに登録し、2でインデックスに登録してあるファイルをコミットしています。

[ryuji@ryuji git]$ vim git.txt
[ryuji@ryuji git]$ cat git.txt
hogehoge
[ryuji@ryuji git]$ git add git.txt
[ryuji@ryuji git]$ git commit -m "testGit"

*** Please tell me who you are.

Run

  git config --global user.email "you@example.com"
  git config --global user.name "Your Name"

to set your account's default identity.
Omit --global to set the identity only in this repository.

fatal: empty ident name (for <ryuji@ryuji.(none)>) not allowed

はい。怒られました。

よくあるエラーですね。
簡単に言うと、あなたは誰ですかと怒られてます。
エラー内容に書いてある通り、アドレスとユーザー名を登録していきます。
git config --listで登録したものを確認できます。
以下はアドレスとなまえを実際のものから書き換えています。

[ryuji@ryuji git]$ git config --global user.email "メールアドレス"
[ryuji@ryuji git]$ git config --global user.name "なまえ"
[ryuji@ryuji git]$ git config --list
user.email=メールアドレス
user.name=なまえ

問題なく登録できていそうなので、
再度コミット!!

[ryuji@ryuji git]$ git commit -m "testGit"
[master (root-commit) 78c291c] testGit
 1 file changed, 1 insertion(+)
 create mode 100644 git.txt

できました!
やったー!

プッシュしてみよう

先ほど作成した、リモートリポジトリにプッシュしていきます。
リモートリポジトリを作成してみようで作成した、リモートリポジトリのURLを確認してください。
以下は実際のURLを「URL」として書き直しています。

[ryuji@ryuji git]$ git remote add origin URL
[ryuji@ryuji git]$ git push origin master

git remote add origin URLでは、リモートリポジトリの名前をoriginとして登録しています。
別にoriginでなくても大丈夫ですが、一般的にoriginが使用されます。
git push origin masterでは、先ほど付けたoriginリポジトリのmasterブランチにアップロードしています。
masterブランチはデフォルトです。

ブラウザで確認してみると・・・
登録できていました!
image.png

まとめ

まだプッシュをしたところまでなのですが
一旦ここまでにします。
気が向いたら、プルやブランチ作成などを試していきたいと思います!

ブランチとマージについて、記載しました!
GitHubを初めて使ってみる ブランチとマージ編