Edited at

VirtualBoxの仮想環境でCentOSにSSH接続する方法


はじめに

Linuxを使うために、CentOSを使いたいという方は多いのではないですか?

かくいう筆者もCentOSを使って、Apacheサーバーを起動したい、そもそもLinuxを扱ってみたいというおもいがありました。

mac CentOSなどと調べると、多くの参考となる記事があると思うのですが、自分自身かなりつまづいたのと、個人の備忘録として、こちらの記事を残そうと思い執筆しました。


環境


前準備

VirtualBoxがインストールされていることが条件です。

こちらではインストールの方法を解説しませんので、他の記事を参考にインストールしてください。

VirtualBoxの公式ページ


CentOS7のインストール

こちらの記事が大変参考になりました!

MacでVirtualBoxを使ってCentOS 7をインストールしてみた

こちらの記事を元に、CentOS-7-x86_64-DVD-1810.isoをインストールしてください


VirtualBoxの設定

早速、VirtualBoxの設定に移りましょう!

まずはVirtualBoxを開いてください。下記のような画面が開かれるかと思います。

(筆者の場合色々試したため、左のサイドバーにたくさん設定ファイルがあります)

ヘッダーのNewをクリック

下記のモーダルが出現するので、NameをcentosSsh(こちらは任意の名前で)、typeはLinux、VersionはRed Hat (64-bit)に設定します。

その他はデフォルトのままでOK。

(もしも写真と違う設定の場合、同じものにしてください)

設定したらcreateをクリック。

次のモーダルはデフォルトのままでOK

そのままcreateをクリック

下記のように、設定ファイルが保存されました!

(サイドバーの一番下に表示されています)


ネットワークの設定

左上のFileからHost Network Managerをクリック

下記のモーダルが出現します。

モーダルの左上のCreateをクリック

Configure Adapter Manuallyにチェックを入れて、IPv4 Addressに192.168..と設定。

筆者と同じように、
192.168.56.1`と設定。

Applyをクリックしてモーダルを閉じます。

先ほど設定したcenosSshをクリックして、Settingsをクリック。

出現するモーダルのNetworkをクリックして、Adapterの設定をします。

Adapter1では、Enable Network Adapterにチェックを入れて、Attached toをNATに設定

Adapter2の設定に移る。

先ほど同様にEnable Network Adapterにチェックを入れて、Attached toをHost-Only Adapterに設定。

nameに先ほどHost Network Managerで設定したnameに設定。

(筆者の場合はvboxnet2。初めての設定の場合はvboxnet0になっていると思います。

okボタンを押して設定を終了します。

VirtualBoxの設定は一旦ここで終わりです。お疲れ様でした。


VirtualBoxを立ち上げて、CentOSをインストールする

先ほど作成したcentosSshを右クリックして、start->Normal Startをクリック。

ここからは画面がめちゃくちゃ小さくなります(僕だけ?)

次のモーダルでは、インストールしたCentOS7をフォルダーから選択する。

startを押して次へ。

ここからは基本的にコマンドでの操作になります。Shiftで選択して、とEnterで次に進みましょう。

Install CentOS7を選択してクリック。

色々な言語があると思うのですが、検索からjapanと入れて、日本語を選択。

選択したら、続行をクリック。

ちょっと下の方に「インストール先(D)」というものがあるので、そちらを選択してクリック。

何も設定は変更せず、左上の完了をクリック。

右下の方に「インストールの開始(B)」ボタンが出現するので、それをクリック。

インストールを待っている間暇なので、rootのパスワードを設定しましょう!

「ROOTmのパスワード(R)」をクリック。

任意のパスワードを設定して、左上の「完了」をクリック。

ダウンロードが終わったら、右下の「再起動」をクリック。

しばらく何もせずにいると、CentOSへのログインを求められるので、

Login:ではroot、

Password:では先ほど設定したパスワードを入力。

[root@localhost ~]#と表示されればログイン成功です!

お疲れ様でした。あともう一息です!


CentOSのネットワークの設定

CentOSにログインした状態で、Shellにnmtuiと入力。

下記のようになります。

Edit a connecttionで先へ進みます。

下記のページに移ります。

まずはenp0s3から編集しましょう。

いじる箇所の説明のみします。

IPv6の箇所をAutomaticからIgnoreへ。

Automatically connectにチェックを入れる(スペースでチェックが入ります)。

OKで設定を終了。

続いて enp0s8の設定。

こちらもいじる箇所のみ説明します。

IPv4をAutomaticからManualに。

<show>をクリックして、詳細を開く。

Addressesの箇所に先ほど設定したアドレスより大きく、255.255.255.0未満のIPアドレスを設定。

筆者のように、192.168.56.11/24と設定しておけばOKです(写真と違いますが、左のテキストが正しいです)。

先ほど同様、IPv6はIgnoreAutomatically connectにチェックを入れる。

nmtuiの設定は以上です。

下記のコマンドを打って、設定を反映させます。

# systemctl restart NetworkManager 

# systemctl restart network

ここからはいよいよssh接続です。

macのターミナルを開きましょう。

ターミナルで、先ほど設定したIPアドレスでssh接続

$ ssh 192.168.56.11

何か聞かれるので、yesと答えましょう

その後、パスワードを求められるので、設定したrootのパスワードを入力します。

上記の画像のようになっていたら成功!

長い間お疲れ様でした。

ここからCentOSが扱えるようになります。


参考文献

MacでVirtualBoxを使ってCentOS 7をインストールしてみた