LoginSignup
345
394

サーバー構築の練習ができるLinux学習サイトInfraAcademy(インフラアカデミー)

Last updated at Posted at 2023-10-25

こんにちは、
InfraAcademyというLinuxやネットワークの学習サービスを作成しております、ryuと申します。

サーバー構築が練習できるLinux学習サイトInfraAcademyについてご紹介します!

シミュレーターを使ってサーバー構築の練習ができる

InfraAcademyでは、Linuxのシミュレーターを使ってサーバー構築の練習ができます。
今までは、VirtualBoxで学習を進めていた人も多いでしょう。
私自身もVirutalBoxでサーバーの学習をしていました。しかし、環境構築に時間が掛かります。特に、複数台の連携したサーバー構築の準備に時間がかかりました。

しかし、InfraAcademyではそのような手間は一切かかりません!

アクセス殺到したため10/26(木) 17:50~18:20の間シミュレーターのサーバーがダウンしておりました。現在は復旧しております。

関連記事:インフラ学習におすすめのサイトInfraAcademyとは?

環境の準備が1クリック

Linuxの環境準備は1クリックで完了です!メニュー画面より、[+インスタンスを作成]をクリックすると、Linuxが1台作成できます。
68747470733a2f2f71696974612d696d6167652d73746f72652e73332e61702d6e6f727468656173742d312e616d617a6f6e6177732e636f6d2f302f333537373932352f31643363383130632d383138652d616334642d303437352d3033623737656265633033632e706e67.png

複数台のサーバー連携が可能

また、InfraAcademyでは、複数のシミュレーターを同時に立ち上げることができます。
以下のように、Linux2台を同時に立ち上げています。
スクリーンショット 2023-10-24 9.30.54.png

これらのLinuxはお互いに通信可能です。
そのため、複数台が必要なLinux環境でもシミュレーターを使って練習することができるのです!

ハンズオンでサーバー構築のやり方が身に付く

InfraAcademyは、シミュレーターだけではありません。ハンズオンでサーバー構築のやり方が身に付く教材を提供しています。

こちらは教材の一部です。
以下のように、画面通りに進めていけば、サーバーが構築できるようになっています。
スクリーンショット 2023-10-24 17.14.11.png

サーバー構築の手順が解説されているため、不要なエラーが起こらないようになっています。
Linux初心者の方はエラーの対処に膨大な時間を消費してしまいます。

InfraAcademyでは、不要なエラーで学習が妨げられないように、1つ1つの手順を詳しく記述しています。

実際に動かすことで理解度が高まる

InfraAcademyでは、実際に手を動かして、スキルを身につけることを目標としています。
特にサーバー周りは、参考書を読むだけでは理解できないでしょう。参考書は初心者にとって難しい内容となっているからです。
しかし、InfraAcademyでは、設定1つ1つを丁寧に解説しています。実際に動かすことで、理解も深まるようになっています。

LPICなどの資格取得が目的で暗記だけする方もいます。しかし、InfraAcademyでは実践することが多くなります。
実務に役立つスキルを身につけるために、実践的な練習が一番です。サーバー構築を練習することで、実務で役立つエンジニアになりましょう。

InfraAcademy(インフラアカデミー)を無料体験

学習できるサーバーの種類は?

InfraAcademyでは、様々なサーバー構築を学習できます。
以下のサーバーについて学習できます。

・DNSサーバー(bind9)
・Webサーバー(Apache2)
・データベース(Mysql,Mariadb)
・SSHサーバー
・メールサーバー(Postfix,Dovecot)
・ファイルサーバー(Samba)
・プロキシサーバー(Squid)
・DHCPサーバー

DNSサーバーの構築

DNSサーバーの構築では、Linuxにbind9をインストールします。

ゾーンの作成を行い、AレコードやCNAMEレコードなど様々なレコードを登録します。
そして名前解決ができるかを検証してみます。

bind9の設定方法や、LinuxのDNSサーバーの設定方法、名前解決のやり方などが学習できます。
DNSサーバー構築講座は無料でお試しできます。
DNSサーバー構築講座

Webサーバーの構築

Webサーバーの構築では、LinuxにApache2をインストールします。

Apache2をインストールしたら、Webサイトの編集やIPアドレス制限、Basic認証を実践します。
シミュレーターからWebサーバーへ直接アクセスすることができるのもInfraAcademyの特徴の1つです。

Apache2の設定方法はもちろん、Webの仕組みを深く理解することができます。
インフラを学習する人だけでなく、Webアプリ開発者の方も学習しておきたい内容が満載です。

データベースの構築

データベースの構築では、LinuxにMariadb(mysql)をインストールします。

データベースを作成し、テーブル、データ挿入、データの表示、更新、削除など様々な操作を行います。基本的なSQLが書けるようになります。

データベースの操作方法の基本を動作させながら、一通り学習することができます。

SSHサーバーの構築

SSHサーバーの構築では、LinuxにSSHをインストールします。

SSHサーバーを構築後、ユーザー認証、公開鍵認証を使ってSSHサーバーへアクセスを行います。
公開鍵の仕組みや公開鍵の作成方法を1から解説します。

SSHは、現在もよく使われています。例えば、GitやAWSなどのサーバーへ接続する際にSSHを使用します。
しかし、SSHの仕組みを理解している人は少ないです。
SSHサーバーの構築をしながら、SSHの仕組みを深く理解することができるようになっています。

メールサーバーの構築

メールサーバーの構築では、LinuxにPostfixとDovecotをインストールします。

メールを送信してからの流れを詳しく解説しています。メールサーバーを構築することによって、メールの仕組みを学ぶことができます。

ファイルサーバーの構築

ファイルサーバーの構築では、LinuxにSambaをインストールします。

Sambaサーバーにある/shareディレクトリを共有して、クライアントから接続できるかどうか検証します。
Sambaサーバーの設定方法を詳しく知ることができます。

プロキシサーバーの構築

プロキシサーバーの構築では、LinuxにSquidをインストールします。
また、WebサーバーであるApache2もインストールして、プロキシ経由でWebサーバーへアクセスを行います。
その際、SquidやApache2にどのようなログが出るのかを確認します。
ログを見ながら、どのような仕組みで動作をするのかを確認できます。

DHCPサーバーの構築

DHCPサーバーの構築では、Linuxにisc-dhcp-serverをインストールします。
DHCPサーバーを構築して、IPアドレスが自動で割り当てられるのかを確認します。
また、ログを見ながら、DHCPサーバーがクライアントにどのような仕組みでIPアドレスを割り当てるのかを確認します。

InfraAcademyでは、このようなさまざまなサーバー構築の練習をしながら、Linuxの学習を行います。

サーバー構築の練習したい人はまずは無料体験から

サーバー構築の練習をしたい人は、まずは無料体験から行えます。
無料体験では、Linux入門講座の一部、LPIC講座の一部、DNSサーバー構築講座を体験することができます。

また、有料部分では、月額1,480円で全てのコンテンツを学習することができます。
参考書を購入するよりも安い値段でLinuxの学習をすることができます。

「インフラエンジニアになりたい」
「Linuxを使えるようになりたい」
「サーバー構築の練習をしたい」
「Linuxのコマンドを練習したい」

このように思っている方はいますぐ始めましょう!
InfraAcademy(インフラアカデミー)を無料体験

もちろんサーバー構築だけでなく、Linuxコマンドの練習もできます!

まとめ

ここまでお読みいただきありがとうございました。
今回は、サーバー構築の練習におすすめなサービスInfraAcademyについてご紹介しました。
InfraAcademyでは、サーバー構築をシミュレーターを使って、実践的に学習することができます。
Linuxの環境準備の手間いらずで練習することができます!

Linuxのサーバーを学習したい方はぜひお試しください!

345
394
2

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
345
394