Help us understand the problem. What is going on with this article?

QiitaにUMLを載せられるようにPlantUMLつかってWebサービス作ろうと思ったら本家にあった話

More than 3 years have passed since last update.

はじめに

仕事ではPlantUMLを使っています。GitLabの場合は、コードを書けば図に変換して表示してくれるので便利です。しかしQiitaではそうもいかないので、PlantUMLで書いたコードを図に変換してくれるサーバーを書こうかと思っていました。

...ら、本家に既にありました。

PlantUML Server

スクリーンショット 2017-05-15 23.22.03.png

まずURLを取得

下記のようにQiitaに記載

  • コピーしたURL : http://www.plantuml.com/plantuml/{format}/{ENCODED}
  • format : svg とか png とか
  • ENCODED : 書いたコードをハッシュしたようなもの
[![alt](http://www.plantuml.com/plantuml/{format}/{ENCODED})](http://www.plantuml.com/plantuml/uml/{ENCODED})

サンプル

[![alt](http://www.plantuml.com/plantuml/svg/SyfFKj2rKt3CoKnELR1Io4ZDoSa70000)](http://www.plantuml.com/plantuml/uml/SyfFKj2rKt3CoKnELR1Io4ZDoSa70000)

結果

  • こうなる
  • 画像をクリックすると本家に飛んで、元のコードが見れる
  • URLはコードのハッシュなので、コードを変更するとURLも変わる点に注意
  • ハッシュではあるものの、履歴も一応残せる

alt

2017/05/18 追記

こんなもの作りました。
QiitaにUMLを貼れるようにChrome拡張機能を作った - Qiita

ryskiwt
IoTプラットフォームを手がけるベンチャー企業でVPoPをやっています。 Golang/Java/Python/JavaScript、統計学/時系列解析/信号処理/移動体通信工学
aptpod
"日本のIoT、M2Mを牽引するテクノロジーカンパニーです。⾃動⾞やロボット・産業機械などから短周期に発生する制御・センサーデータをモバイル・インターネット網を介し、⾼速・大容量且つ安定的に、そして双方向に伝送し、回収データの可視化・解析や遠隔制御を実現するプロダクト開発を行っています。"
https://www.aptpod.co.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした