Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

RedMica1.1→1.2でのプラグイン対応状況を確認した

Redmine Advent Calendar 2020の 3日用の記事です。

RedMica 1.1→1.2へ移行した際のプラグインの対応状況を確認しました。

確認環境

Environment:
Environment:
  RedMica version                1.2.0.devel.f18d0f4 (based on Redmine 4.1.1.devel.20401)
  Ruby version                   2.6.6-p146 (2020-03-31) [x86_64-linux]
  Rails version                  5.2.4.4
  Environment                    production
  Database adapter               PostgreSQL

対応状況

プラグイン バージョン RecMica1.2対応 備考
full_text_search 1.0.4
group_watchers 0.0.1 ※1
redmine_absolute_dates 0.0.4
redmine_banner 0.3.4
redmine_code_review 1.0.0
redmine_issue_templates 1.1.0
redmine_jstoolbar_ext 0.2.1
redmine_jstoolbar_ext_buttons 0.2.1
redmine_persist_wfmt 2.0.1 × ※2
redmine_searchable_selectbox 0.1.0
redmine_vividtone_my_page_blocks 2017/07/05 ※3
redmine_wiki_extensions 0.9.2 ※4
redmine_wiki_index_tree_view 0.0.1
redmine_wiki_lists 0.0.9
redmine_wiki_page_tree 0.0.2
redmine_work_time 0.4.1
redmine_xls_export 0.2.1.t11 featuresブランチを使用
view_customize 2.8.0

※1

本体機能で対応のため不要になりました!
欲を言えば、ユーザ/グループの間にセパレータがあるともっと見やすいと感じています。

※2

Textile/Markdownの選択肢が表示されません
HTMLソースには存在しているので、追加位置の問題だと思います。
(RedMica1.1でも同じ症状。1.1リリース当初は使えてた記憶が)

image.png

※3

パネルを削除した場合、プルダウンの選択肢がdisableのままで同じパネルを再追加できない。
(RedMica1.1でも同じ症状。ブラウザリロードで解決)

(2020/12/04追加)
以下のリビジョンにアップ後、新たな事象が発生しました

RedMica 1.2.0.devel.d9ebe01
Redmine 4.1.1.devel.20561

パネル削除

image.png

プルダウンが増える…

image.png

左のプルダウンは動く

image.png

右のプルダウンでパネル追加は422エラーに

image.png
image.png

※4

実害はないのですが、タブ除去時にタイトル/Wikiページ名をクリア→アンチェックとしてもクリアされません。
(Redmineのバージョンによる問題ではない)

  • 初期状態

image.png

  • タイトル/Wikiページクリア→タブ#1アンチェック
    image.png

  • submit後
    image.png

おわりに

お世話になっているプラグインの作者に感謝を申し上げます。

Redmine4.1→4.2でも同じ結果になるのはないかと思いますので参考にしていただければ幸いです。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away