Edited at

VMwarePlayerでAmazon Linux 2を起動


前提条件


  • VMware Player インストール済み

  • vmnetcfg.exe でDHCPサービス起動済み

  • genisoimage を実行するLinuxサーバが使用可能

※VMware Player でvmnetcfg.exeを使用する方法は検索お願いします。


参考URL

https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSEC2/latest/UserGuide/amazon-linux-2-virtual-machine.html


1. イメージのダウンロード

https://cdn.amazonlinux.com/os-images/2017.12.0.20180330/vmware/

から、"amzn2-vmware_esx-2017.12.0.20180330-x86_64.xfs.gpt.ova"をダウンロードする。


2. インポート

ダウンロードした上記のファイルをダブルクリックする。

失敗するが、"再試行"をクリック

GRUBメニューからブートする前にシャットダウンする。


3. seed.iso の作成


meta-data

local-hostname: zephyranthes



user-data

#cloud-config

# vim:syntax=yaml
users:
# A user by the name ec2-user is created in the image by default.
- default
# Following entry create user1 and assigns password specified in plain text.
# Please not use of plain text password is not recommended from security best
# practises standpoint
- name: ryouma
groups: sudo
sudo: ['ALL=(ALL) NOPASSWD:ALL']
plain_text_passwd: password
lock_passwd: false
chpasswd:
list: |
ec2-user:password
root:password

write_files:
- content: |
# Disable network configuration after first boot
network:
config: disabled
path: /etc/cloud/cloud.cfg.d/80_disable_network_after_firstboot.cfg


※root,ec2-userのパスワード、追加ユーザを設定しました。

以下のコマンドでseed.isoを作成し、VMwarePlayerからアクセスできるところに配置する。


genisoimage -output seed.iso -volid cidata -joliet -rock user-data meta-data


4. 仮想マシンの設定変更

メニューを開く

CD/DVDドライブを追加



"ISOイメージを使用する"を選択



作成したseed.isoを指定



環境に応じて、ネットワークアダプタの設定を変更(NATにした)


5. 仮想マシンを起動

無事に起動しました。

sshや固定IPなどの設定はよしなに。