Unity

Unityで特定のスクリプトを設定しているオブジェクトを見つける

新規開発から参加している人ならいざ知れず。
開発途中から参加した人はどのオブジェクトにどのスクリプトがついているかわからない!!

ということがあるかもしれません。

私はありました。

なので今回は簡単にスクリプトを発見する小ネタを書きたいと思います。

見つけ方

無題.png

画像ではオブジェクトが少なく簡単に見つけられますが実際のゲーム開発になるとものすごい量のオブジェクト存在し発見が困難になります。

無題2.png
そんな時は画像の赤枠部分に「t:スクリプト名」と入力すると

無題3.png
指定したオブジェクトのみが表示されるようになります。

※完全一致で表示されます。(大文字小文字は気にしなくてもいい模様)

ちなみにUnityに初期からあるものも検索可能な模様(以前できなかった気がしたのですが・・・)
無題6.png

おまけ

あと意外に知らない人が多かったので
Listに一つ一つオブジェクトを入れている人をよく見かけたのですが一括で挿入する方法があります
無題4.png

赤枠のカギマークをクリックし固定します。(これを行うことで別のオブジェクトをクリックしてもInspectorが変更されなくなる)
無題5.png

配列を指定してListにドラック&ドロップをすると全て追加されます。(挿入される順番は上から順番に挿入されます)

最後に

今回の記事についての内容は一応、私のほうでもQiitaを見て回ってなさそうだったので書かせていただきましたが、もしもすでに同じ記事があるよという情報があればすぐに消すので宜しくお願いします。