LoginSignup
4

More than 5 years have passed since last update.

vmstat

Last updated at Posted at 2016-10-13

メモリ、CPU使用率を計測する

vmstatというコマンドを使って計測を行います。

測定間隔を指定したりできるので、負荷テストを行う場合は必須になると思います。

1秒間隔に計測する

#vmstat 1
procs -----------memory---------- ---swap-- -----io---- --system-- -----cpu-----
 r  b   swpd   free   buff  cache   si   so    bi    bo   in   cs us sy id wa st
 0  0 118860 411900 249828 13330468    0    0    21  1552    0    0  8  3 86  3  0
 0  0 118860 412016 249828 13330472    0    0     0    16 1138  795  1  1 99  0  0
 0  0 118860 412016 249836 13330464    0    0     0    40 1285  898  1  2 97  0  0
項目 意味
r 実行可能で、「実行キュー」に入っているプロセスの数。
b 本来は実行可能なプロセスであるが、何らかの理由で処理を「ブロック」されているプロセスの数
swpd 使用しているスワップ領域の量
free 純粋に未使用状態なメモリの量
buff 主にカーネルがバッファ領域として使用しているメモリ量
cache ディスクアクセス時にキャッシュデータを保存しているメモリの量
si スワップ領域から読み込んでメモリに展開したデータの量(スワップ・イン)
so メモリからスワップ領域に書き込んだデータの量(スワップ・アウト)
bi ブロックデバイス(主にディスク等)からの読み取り量
bo ブロックデバイス(同上)への書き込み量
in 割り込み処理の回数
cs コンテクストスイッチの回数
us カーネルコード以外の処理に費やした時間の割合
sy カーネルコード(OS自身、またLinuxシステムコール等を呼び出された等)の処理のために費やした時間の割合
id アイドル時間の割合。要するに何もしていない時間のこと
wa データの入出力処理(ディスクへのアクセス、ネットワークへのアクセス)を試みたものの、結果的にデータを待っていた時間の割合
st ゲストOSがリソース要求を行ったが、CPUリソースを割り当ててもらえなかった時間の割合

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
4