Ubuntu

USB Ubuntu

More than 3 years have passed since last update.

東芝のdynabookで,USB bootのUbuntuを利用しようとした記録.


Installation

UNetbootinというソフトウェアで簡単にUSBにLinux OSをインストールできる.

しかし,これは何かしらのLinuxOSをUSBにインストールしてくれる仲介ツールのようなものなので,どのLinux OSをインストールするかは自分で決めて,それを自分でダウンロードしなくてはいけない.

ここでは,Ubuntu 14.04LTSを入れる例を記述する.


Ubunto 14.04LTSのダウンロード

UNetbootinサイトの中盤くらいにある「Ubuntu (and official derivatives)」というところから,Ubuntuウェブサイトに行く.

タブのなかに「Download」があるのでそこから「Desktop」を選択.

ダウンロードページで32-bit64-bitかを選択.最近のマシンならば64-bitで良いと思う.

かなりデータが大きいので時間がかかるだろうが,ダウンロードして保存する.


UNetbootin


  1. UNetbootinをダウンロードしてきて,起動する.
    「ディスクイメージ」の方にチェックを入れて,先程ダウンロードしてきたUbuntuのイメージを選択する.

  2. これだけで基本的にはOKだが,このままだとUbuntu内で何も保存できないことになるので,「スペースは,リブートしてもファイルを維持するために使用(Ubuntuのみ):」のところを4096MBくらい設定しておく.(そのためにはUSBの容量は最低でも8GBくらいは欲しい.)

  3. あとは「OK」ボタンを押せばよし.時間はかかるが待つ.


起動

TOSHIBA dynabookでUSB起動するには,

F2押しながら起動,BIOSでBoot order (起動するデバイスの順序) をUSBを最初にする.


gnuplotのインストール

Ubuntuでは,apt-getを用いてソフトウェアをインストールするが,デフォルトでは,

$ sudo apt-get install gnuplot-x11

としても,インストールされない.

OS標準の検索ソフトで,OS内で「Software」を検索すると,「Software & Updates」というソフトが見つかるので,それを開き,「Ubuntu Software」タブで,上から4つのチェックを入れる.こうしないと,apt-getがgnuplotなどの検索を行うサーバを見に行かない!

$ sudo apt-get update

$ sudo apt-get install gnuplot-x11

とすれば,gnuplot-x11がインストールされる.


keyboardの変更

ウィンドウズパソコンにUSBを差して使用することが多いわけだが,keyboard配列がUS keyboard設定になっていて使いずらい.変更するには,

$ sudo dpkg-reconfigure keyboard-configuration

として設定すれば良いが,再起動後に元に戻ってしまう.

そこで,.bashrc

setxkbmap -model jp106 -layout jp

と記述しておくと,terminalを使用する際にkeyboardが日本語配列になるからタイプしやすくなる.

ここに「-rules xfree86」を加えてしまうと,矢印キーが変な動作になるので止めた方がよい.