Help us understand the problem. What is going on with this article?

Spresenseで遊んでみる(その1)

SONYのIoTボードであるSpresenseをゲットしたので、遊んでみた

C793ACD9-93AA-4874-ACC9-A03E4C60C3C3.jpeg
メインボードの箱。SONYなだけあっておしゃれ。

570E43B6-8B54-4B39-B364-0EAF3E7C5653.jpeg
メインボード。
かなり小さい。

Spresense Arduino スタートガイド

以下のスタートガイドに沿って設定をしていく
https://developer.sony.com/develop/spresense/docs/arduino_set_up_ja.html

準備

環境

OS:Windows 10

Arduino IDEをインストール

公式からDL
https://www.arduino.cc/en/Main/Software

手順
https://www.arduino.cc/en/Guide/HomePage#install

今回はVer10.8.1

USBドライバのインストール

Windows 10用をインストール

Spresense Arduino board package のインストール

image.png

確認

接続確認

通電していることを証明する青いLEDが光る
0FCC68C1-894A-4421-984C-431EEE3C1EE5.jpeg
メインボードの下に付けているのは拡張ボード。
付けていろいろしてたけど、よくよく考えたら今回の作業にはなくても問題なかった。。

ブートローダーのインストール

初回もしくは最新リリースバージョンの初回なので必要とのこと

image.png

image.png

Lチカ

書き込みのテストとしてサンプルを元にLチカ

MicrosoftTeams-image.png

思ってたところと違うところが光った。。
※青色のLEDが点滅させたりするのかと思ってた。

メインボードだけでGPSトラッキングしてみる

チュートリアルを参考にGPS機能を使ってみる

シリアルポートの設定

シリアルターミナル上での動作確認

image.png

TeraTermで参照する際にちょいハマったので。

測位

測位待ち

MicrosoftTeams-image (1).png
さすがに屋内だと全然測位してくれない

測位中

測位できる場所へ移動。

EE56FE23-79AF-4A7E-AF8D-AA4848F1624E.jpeg

結果

MicrosoftTeams-image (2).png

緯度経度に戻していないけど測位できているような感じ。

まとめ

  • セットアップはかなり簡単。
  • 測位についても外に出て一定時間待っていればかなり簡単に測位したデータを取得は可能
    • ただしメインボード単体だと内蔵メモリに保存するぐらいしかできないので、リアルタイムに何かに使うとかは無理。
  • 測位した結果の転送などは次回以降に。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away