サポート終了したDebian Squeeze(6.0)でapt-getが動くようにする

More than 3 years have passed since last update.


Debian Squeezeのサポート終了

2016年2月29日に、Debian Squeezeのサポートが終了しました。

サポート終了にともなって、Squeeze向けのaptリポジトリもアクセスできなくなっています(apt-get updateすると404 Not Foundが返ってきます)。

何らかの事情で、Squeezeのまま残しておく必要のあるサーバもあるでしょう。また、そのようなサーバに、新しいソフトウェアをインストールしたくなることもあるでしょう。そこで、aptの参照先をarchivesに変えることで、従来通りapt-getできるようにする手順を紹介します。

なお、本記事で紹介した手順は、公式で推奨されているものではありません。できるだけ早くアップグレードすることをおすすめします。


apt参照先の変更

/etc/apt/sources.listを編集します。現在のsources.listには以下のような設定がされていると思います。

deb http://ftp.jp.debian.org/debian/ squeeze main

deb-src http://ftp.jp.debian.org/debian/ squeeze main

debがバイナリ、deb-srcがソースの参照先です。いずれのURLも現在は使えないので、#を行頭に追加して、全てコメントアウトします。

次に、以下のような設定を/etc/apt/sources.listに追加します。

deb http://archive.debian.org/debian/ squeeze main

deb-src http://archive.debian.org/debian/ squeeze main

使用するパッケージがmainのみか、contribを含むか、non-freeまで含むか、といった設定は、コメントアウトした行を参考に、既存の設定を踏襲してください。

上で指定した http://archive.debian.org/ には、過去のDebianのパッケージが保管されています。ここを参照するように変えることで、従来通りapt-getが動くようになります。

最後に、この設定で正常に動作することを確認しておきましょう。

$ sudo apt-get update


アップグレードについて

最後に、簡単にDebianのアップグレードについて記述します。

推奨はJessie(8.0)へのアップグレードです。手順としては、


  1. Squeeze => Wheezy

  2. Wheezy => Jessie

の2段階を踏む必要があります。Wheezy(7.0)は2016年4月25日にサポート終了して、LTS(セキュリティアップデートのみ提供される状態)に移行する点に注意してください。

Wheezy LTSを使用する場合は、/etc/apt/sources.listを確認して、

deb http://security.debian.org/ wheezy/updates main

deb-src http://security.debian.org/ wheezy/updates main

という記述があれば、無変更でWheezy LTSに移行可能です(Wheezy LTSのセキュリティアップデートはsecurity.debian.orgのwheezy/updatesから提供されます)。上記設定がない場合は、上記設定を追加することで、Wheezy LTSに移行できます。

また、/etc/apt/apt.confに以下のような設定がされている場合は、

APT::Default-Release "squeeze-lts";

この行をコメントアウトするか、以下のように書き換えることが推奨されています。

APT::Default-Release "wheezy";