Edited at

Cloud9でEC-CUBE3をサクッと動かす

More than 3 years have passed since last update.


はじめに


この記事のゴール

Cloud9にEC-CUBE 3.0をインストールして、動作確認ができるようになること。

※Cloud9は無料から利用できるクラウド開発環境です


ご注意

この記事では、サクッと動かすことを目的にしているため、DBとしてSQLiteを使用。

(SQLiteはあくまで開発者向け)


Cloud9へのEC-CUBE 3.0導入手順


Cloud9にワークスペースを作成する

Cloud9のダッシュボードから新しいワークスペースを作成。

templateは、PHPを選択。

Clone from Git or Mercurial URLにはEC-CUBEのgitアドレスを入力。

https://github.com/EC-CUBE/ec-cube.git)

image


依存ライブラリのインストール

Composerを利用して、必要なライブラリをインストールする。

Cloud9のターミナルで下記のコマンドを実行。(完了するまで少々時間がかかる)

~/workspace (master) $ composer install


ルートディレクトリの変更

URLに/html/を付加しなくてもアクセスできるように、ルートディレクトリを変更。

(URLにhtmlが含まれていても気にしないなら、この手順を無視してもらってOK)

$ sudo vi /etc/apache2/sites-enabled/001-cloud9.conf

<VirtualHost *:8080>

DocumentRoot /home/ubuntu/workspace

DocumentRoot /home/ubuntu/workspace/html


EC-CUBEインストール

Cloud9画面上部の「Run Project」ボタンを押下。

実行するとURLが表示されるのでアクセス。

image

EC-CUBEのインストール画面が表示されるので、手順にしたがってインストールを進める。

image

データベースの設定では「SQLite(開発者用)」を選択。

image

これだけでEC-CUBEのインストール完了。

image

※Cloud9でちゃんと動くか、細かい動作検証は行っていないのであしからずです。


おわりに

Cloud9は、EC-CUBE 3.0をインストールするのに必要なライブラリやツールが最初から入っているので、とてもスムーズに導入できました。みなさんも試していただけたらと思います。