Edited at

リモートデスクトップ環境をUbuntu 18.04 LTSで作成する

リモートデスクトップで接続できるGUI環境をUbuntu 18.04 LTSで構築する手順です。

なぜそんなことをしようかと思ったかというと、新しいmac bookを買うお金がなかったのでクラウドにインスタンス作って時間単位で利用することにしました。

はじめてやったときは情報に溺れて大変だったので、ミニマムの手順を書き残しておきます。


利用したクラウドサービス

Google Compute Engine

ブートディスク:Ubuntu 18.04 LTS(amd64 bionic image built on 2019-05-30)


手順

UbuntuデスクトップとRDPサーバーをインストール

sudo apt-get update

sudo apt-get -y upgrade
sudo apt-get -y install ubuntu-desktop xrdp
sudo systemctl enable xrdp
sudo systemctl start xrdp

ロケール/タイムゾーン設定

sudo apt-get -y install language-pack-ja

sudo localectl set-locale LANG=ja_JP.UTF-8 LANGUAGE="ja_JP:ja"
sudo timedatectl set-timezone Asia/Tokyo

リモート接続用にユーザーを作成

sudo adduser your_user_name

sudo gpasswd -a your_user_name sudo

このまま接続すると Authentication is required to create a color managed device. というダイアログが表示されて進めないので、回避する設定を記載する。

参考: https://new.seei.biz/authentication-is-required-to-create-a-color-managed-device-in-xrdp/

$ cat <<EOF | sudo tee /etc/polkit-1/localauthority/50-local.d/xrdp-color-manager.pkla  

[Netowrkmanager]
Identity=unix-user:*
Action=org.freedesktop.color-manager.create-device
ResultAny=no
ResultInactive=no
ResultActive=yes
EOF

ここで再起動しておく

sudo reboot


接続確認

リモートデスクトップクライアントから接続します。

macからは、Microsoft Remote Desktop 8 を利用しました。

上記手順で作成したリモート接続用のユーザーで認証してください。


おわりに

この手順だけリモートデスクトップ接続できるようになりました。

日本語入力をできるようにしたりなど、初期設定としてやりたいことはまだいろいろあるのですが、リモートデスクトップ接続できればあとはどうにでもなると思うのでここまでにします。