Ruby
RSpec
rbenv
RubyOnRails
ruby-build

最新のRubyとRailsをインストールするには

そもそもRubyとRailsの最新バージョンって何を確認すれば良いんだっけ?

よく見かけるのはrbenv install -lコマンドで最新バージョンを確認する方法ですが、これはrbenvが古い可能性もあって信用できません。

なので、公式サイトから最新安定バージョンを確認するのが正確です。
- Ruby on Rails
- Ruby

rbenvとは?

rubyのバージョンを管理してくれるバージョン管理システムのことです。
ディレクトリごとにRubyのバージョンを指定することができるので便利。

ruby-buildとは?

rbenvのプラグインです。
Rubyのどのバージョンでも簡単にインストールできるコマンドラインユーティリティとのこと。

最新のRubyとRailsをインストールする方法

WebサイトからRubyとRailsの最新バージョンを確認します。

2018年11月9日 時点
Ruby 2.5.3
Rails 5.2.1

まずはじめに、rbenvから最新バージョンのRubyをインストールします。

# rbenvとruby-buidを更新する
$ brew update && brew upgrade ruby-build

# `rbenv install -l`を実行すると最新のRubyバージョンが出てくるのを確認
$ rbenv install -l

# 最新Rubyをインストール (2018/11/09 時点)
$ rbenv install 2.5.3

次に、最新のRailsをインストールします。

# 実行するディレクトリの場所はどこでも可
$ gem install rails

# Herokuを使いたい場合はPostgresqlをインストールしておく
$ brew install postgresql

bundlerをインストールします。

# "rbenv exec"をつけると、「rbenvの設定で現在有効なrubyのbundler」をインストールできる
$ rbenv exec gem install bundler

最後にRailsプロジェクトを作成します。

$ rails _5.2.1_ new [project name]

これで一通りインストールができました! どんどん開発していきたいですね:relaxed:

【おまけ】TDD環境(RSpec)をインストールする

皆さんはテストどのくらい書いていますか?
最近はテストといえばRSpecというくらい有名になってきましたが、インストールするべきGemがどれだか分からなかったので、おまけとしてまとめてみました。

Gemfileを↓のように編集します。

Gemfile
group :development, :test do
  gem 'rspec-rails'
  gem 'factory_bot_rails'
  gem 'rails-controller-testing'
end

rspecをインストールします。

$ bundle exec rails generate rspec:install

コマンドラインからのRspecインストールはここまでです。
まだインストール後の設定が終わっていないので、詳しくはこちらのQiita記事を参照してみてください。
Rails5へのRspec導入から実行確認まで

参考になった記事

rbenv + ruby-build はどうやって動いているのか
Ruby on Railsのインストールと設定
railstutorial - 1.2.1 開発環境