Edited at

最新の Ruby と Rails をインストールして Rails プロジェクトを作成する


そもそも Ruby と Rails の最新バージョンって何を確認すれば良いんだっけ?

公式サイトから最新バージョンを確認するのが正確です。

基本的に開発環境ごとに Ruby のバージョンを指定したいので、 rbenv を使ってバージョン管理していきます。


rbenv とは?

Ruby のバージョンを管理してくれるバージョン管理システムです。

rbenv/rbenv: Groom your app’s Ruby environment

Ruby のバージョン管理システムは他にも RVM などがありますが、私は使いやすい rbenv のほうを使っています。

比較については以下などを参考に。


ruby-build とは?

rbenv の README を見ていると、「ruby-build」という単語が出てきます。これは rbenv のプラグインです。

rbenv/ruby-build: Compile and install Ruby

rbenv install コマンドを提供する rbenv のプラグインとして利用できます。


最新の Ruby と Rails をインストールする方法

公式サイトから Ruby と Rails の最新安定版バージョンを確認します。


2018年11月9日 時点

Ruby 2.5.3

Rails 5.2.1


※ ここから先は rbenv と ruby-build がインストールされている前提で話を進めます。まだインストールされていない場合は、公式の README の手順に従ってインストールしていきましょう。


1) ruby-buid を更新して最新の Ruby をインストールする

# ruby-buid を更新する

$ brew update && brew upgrade ruby-build

# `rbenv install -l` を実行して最新の Ruby バージョンが出てくるのを確認
$ rbenv install -l

# 最新バージョンの Ruby をインストール (2018/11/09 時点)
$ rbenv install 2.5.3


2) 最新の Rails をインストールする

# 実行するディレクトリの場所はどこでも可

$ gem install rails

Rails は Gem なので、もうすでに Rails がインストールされている場合は gem update rails でアップデートできます。

※ もし ERROR: While executing gem ... (Gem::FilePermissionError) というエラーが出たら...

Mac に標準でインストールされている Ruby を使おうとした場合、パーミッションエラーで実行できない可能性が高いです。

以下の記事などを参考に、rbenv を global でも利用できるようにしましょう。

gem installでpermissionエラーになった時の対応方法 - Qiita

これで、最新の Ruby と Rails が使えるようになりました :tada:


3) Bundler をインストールする

Bundler とは、Gem を管理するためのパッケージマネージャーです。

Bundler: The best way to manage a Ruby application's gems

Rails は Bundler を使って Gem を管理しているため、Bundler をインストールしましょう。

$ rbenv exec gem install bundler

rbenv exec をつけると、「rbenv の設定で現在有効な Ruby の Bundler」をインストールすることができます。


4) Rails プロジェクトを作成する

$ rails _5.2.1_ new [project name]

これで一通りインストール & Rails プロジェクト作成ができました!

どんどん開発していきたいですね :relaxed:


参考になった記事

rbenv + ruby-build はどうやって動いているのか

railstutorial - 1.2.1 開発環境