Python
OpenCV
tesseract-ocr
OCR
pyocr

(2017年12月) PythonとOpenCVをこれからやってみる - 7 - 信頼度

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

PythonもOpenCVもこれまでまったく触れてこなかったけど、ちょっとやってみたいと思ってはじめたので、色々と試しているという状況です。
前回『(2017年12月) PythonとOpenCVをこれからやってみる - 6 - コンフィグ(1) - Qiita』はコンフィグ設定を行い、認識率を上げるようにしてみました。

今回は、信頼度について表示してみることにします。

コマンド実行で出力させる場合

次のように、最後に tsv とつける事で、出力指定したファイルに詳しい情報が出力されるようです。

コマンドライン
>tesseract hoge.png out -l jp2.qiita tsv

結果イメージ
image.png

pyocrで出来るのか

次のようなやりとりがありました。どうやらつい最近(2017/12/01)実装された模様です。
https://github.com/openpaperwork/pyocr/issues/58
https://github.com/openpaperwork/pyocr/issues/74

前回の繰返し部分に次を追加して試してみます。

ocr7.py
    try:
        orientation = tool.detect_orientation(Image.fromarray(img2), lang=box["Language"])
        print(orientation)
    except pyocr.PyocrException as exc:
        print("")
実行結果
>ocr7.py ocr.png ocr.json
(20年7年年2月) PythonとOpenCVをこれから
やつてみる - 2t - はじめの一歩
{'angle': 0, 'confidence': 8.6}
Python

openCy

は じめに

Pyth。n(nイソン)を中々使う機会が無(、 openCVPt-プンシ-プイ)も気にはなりっっ使う
機会が無く月
そんな折、 ちょっとやってみょうと思ったので、 今からやるにあたっての導入やはじめ
のブ歩なとこ7
境境はwind。ws7 64bitでやります。
{'angle': 0, 'confidence': 21.46}

う~ん。よくわかりません。途中のいくつかはエラーとなってしまいますし・・・

今後調査を進めて行きます。

参考にした記事など

これまでの記事

前回 一覧 次回
6 - コンフィグ(1) 一覧