Help us understand the problem. What is going on with this article?

新型MacBookProのキーの不具合の話

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

8月に購入した新型MacBookPro(15inch, 2017mid)に不具合が発生したので、修理までの経緯を残しておく。

故障は突然に

今使っている筐体は15inch, 2017midである。10月中旬頃、bキーに以下のような不具合が生じるようになった。  

  • 軽くキーを押すと反応しない。
  • キーを押すと二度入力される。
  • キーを強く押さないと反応しない。
  • キートップの右半分の反応は良いが、左半分の反応が良くない。

また、同様な症状がfキーにも現れるときがあった。

とりあえず検索

どうやらキーボードの故障はちらほら存在し、まずは以下のような対処を推奨されるようだ。

対処法を全て試したところ、掃除が一番効果が現れた。一時的なもののキーボードは復活したが、一週間すると再び症状が発生した。その後は掃除してもすぐに調子が悪くなるようになった。

結末

結局、症状が出始めてから2週間で何をしても改善が見られなくなったため、修理することにした。修理担当の人との電話では、最近同じケースが多いらしいということ。また、Twitterなどでも同じ症状を訴える人がちらほらおり、初期不良的なものである可能性が高いと感じた。

修理までのスケジュール
- 11/1 Appleホームページから修理依頼
- 11/2 クロネコヤマトが集荷に来た。
- 11/3 修理先へ到着、同日修理が完了し、発送したとの連絡。
- 11/4 手元に帰ってくる。

こんな感じで、迅速な対応をしてもらって満足だった。保証期間内だということで無償で修理してもらった。ついでに、キーボードだけを修理してもらうと思っていたところ、新型MBPの構造のせいか、中の基盤以外の全て(キーボード、ディスプレイ、外装、バッテリーなど)を交換してもらった。ついでに、Appleのロゴが入ったクリアファイルもゲットした(?)

おわりに

なんやかんやで、修理に出したらすぐ手に戻ってきたので、同じ状態に陥ってしまった新型MBPユーザは、上記の対処を行っても改善がみられない、またはすぐ再発するようならさっさと修理に出すことをおすすめする。保証期間内ならタダで新品待ったなしだ。(基盤を除く)

追記 (2018/06/26)

  • なんと、Apple側からキーボードの不具合があると交換プログラムが提出された。
    MacBook および MacBook Pro キーボード修理プログラム
  • 上記の症状にかかっている方は是非このプログラムを適用してほしい。
  • ちなみに、筆者は交換した筐体のnキーに症状が現れ始めたので適用しようと思う...トホホ..
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした