Vim

GVIM をコマンドラインから起動する時、多重起動しない +行番号指定

More than 5 years have passed since last update.

> gvim --remote-silent +[行番号] [ファイル]

別のタブで開く場合にはこう。

> gvim --remote-tab-silent +[行番号] [ファイル]


参考

>gvim --help

VIM - Vi IMproved 7.3 (2010 Aug 15, compiled Mar 29 2012 09:55:56)

使用法: vim [引数][ファイル..] あるファイルを編集する
もしくは: vim [引数]- 標準入力からテキストを読込む
もしくは: vim [引数]-t タグ タグが定義されたところから編集する
もしくは: vim [引数]-q [errorfile] 最初のエラーで編集する

引数:
-- このあとにはファイル名だけ
--literal ワイルドカードを展開しない
-g GUIで起動する ("gvim" と同じ)
-f or --nofork フォアグラウンド: GUIを始めるときにforkしない
-v Viモード ("vi" と同じ)
-e Exモード ("ex" と同じ)
-E Improved Ex mode
-s サイレント(バッチ)モード ("ex" 専用)
-d 差分モード ("vidiff" と同じ)
-y イージーモード ("evim" と同じ, モード無)
-R 読込専用モード ("view" と同じ)
-Z 制限モード ("rvim" と同じ)
-m 変更 (ファイル保存時) をできないようにする
-M テキストの編集を行なえないようにする
-b バイナリモード
-l Lispモード
-C Vi互換モード: 'compatible'
-N Vi非互換モード: 'nocompatible
-V[N][fname] ログ出力設定 [レベル N] [ログファイル名 fname]
-D デバッグモード
-n スワップファイルを使用せずメモリだけ
-r スワップファイルを列挙し終了
-r (ファイル名) クラッシュしたセッションを復帰
-L -rと同じ
-A アラビア語モードで起動する
-H ヘブライ語モードで起動する
-F ペルシア語モードで起動する
-T <terminal> 端末を <terminal> に設定する
-u <vimrc> .vimrcの代わりに <vimrc> を使う
-U <gvimrc> .gvimrcの代わりに <gvimrc> を使う
--noplugin プラグインスクリプトをロードしない
-p[N] N 個タブページを開く(省略値: ファイルにつき1個)
-o[N] N 個ウィンドウを開く(省略値: ファイルにつき1個)
-O[N] -oと同じだが垂直分割
+ ファイルの最後からはじめる
+<lnum> <lnum> 行からはじめる
--cmd <command> vimrcをロードする前に <command> を実行する
-c <command> 最初のファイルをロード後 <command> を実行する
-S <session> 最初のファイルをロード後ファイル <session> を取込む
-s <scriptin> ファイル <scriptin> からノーマルコマンドを読込む
-w <scriptout> 入力した全コマンドをファイル <scriptout> に追加する
-W <scriptout> 入力した全コマンドをファイル <scriptout> に保存する
-x 暗号化されたファイルを編集する
--remote <files> 可能ならばVimサーバで <files> を編集する
--remote-silent <files> 同上, サーバが無くても警告文を出力しない
--remote-wait <files> --remote後 ファイルの編集が終わるのを待つ
--remote-wait-silent <files> 同上, サーバが無くても警告文を出力しない
--remote-tab[-wait][-silent] <files> --remoteでファイル1つにつき1つのタブページを開く
--remote-send <keys> Vimサーバに <keys> を送信して終了する
--remote-expr <expr> サーバで <expr> を実行して結果を表示する
--serverlist Vimサーバ名の一覧を表示して終了する
--servename <name> Vimサーバ <name> に送信/名前設定する
--startuptime <file> 起動にかかった時間の詳細を <file> へ出力する
-i <viminfo> .viminfoの代わりに <viminfo> を使う
-h or --help ヘルプ(このメッセージ)を表示し終了する
--version バージョン情報を表示し終了する
-P <親のタイトル> Vimを親アプリケーションの中で起動する
--windowid <HWND> 異なるWin32 widgetの内部にVimを開く