Django
cloud9
Python3

Cloud9でPython3のDjango環境を5分でつくる

More than 1 year has passed since last update.


経緯

Cloud9でTemplateにDjangoを選択し、よし新しいDjangoをさっさと作るっぺー、と勢い付いても、

Cloud9ではデフォルトでPython2.7になっているため、何これズコー:scream:、とやる気が削がれてしまいます。

そんな訳で、Python3のDjangoプロジェクト開発環境を5分で準備する手順を整理します。


最初


  • Workspace name : お好みで(たとえば、piyo)

  • Template : Django

  • ユーザ名 : 説明の便宜上、ここではpikotaroとします。あなたのユーザ名で読み替えてください。


Cloud9におけるPythonバージョンの変更

メニュー項目のCloud9から遷移し、Python2から3へ変更します

Cloud9 > Preferences > Python Version: Python3


Python3へのシンボリックリンク張り

$ sudo mv /usr/bin/python /usr/bin/python2

$ sudo ln -s /usr/bin/python3 /usr/bin/python
$ python --version
python 3.4.3


Djangoのインストール

pip3でインストールをやり直します。

やり直さないとエラーが起きます。

$ sudo pip3 install django


ALLOWED_HOSTSの設定

Cloud9で自動的に設定されるホスト名を、settings.pyのALLOWED_HOSTSにセットする必要が有ります。

セットしなければエラーが起きます。

自動的に設定されるホスト名は、Cloud9の仕様で、上記最初のワークスペース名とユーザ名に基づきます。


settings.py

ALLOWED_HOSTS = ['piyo-pikotaro.c9users.io']



準備完了

以上より、好きなようにPythonコードをガシガシ書いて、

通常と同じくメニュー項目の:arrow_forward:Run Projectをクリック、またはコマンドラインから

$ python manage.py runserver $IP:$PORT

を叩いて、

プロジェクトを実行する事が可能です。

以上