Help us understand the problem. What is going on with this article?

(大幅改訂)WROOM02の扱い方

More than 3 years have passed since last update.

改定しました(2017-03-20)

ArduinoIDEを使ってスケッチの書き込み、実行を行うときの自分用虎の巻メモ

機材

接続方法

接続先

GNDはGND、3V3は3V3、RXとTXは交互に接続。加えて下記の通りに接続↓

ESPのピン 書き込み時 実行時
IO15 Pダウン Pダウン
IO2 Pアップ Pアップ
IO0 Pダウン Pアップ
EN Pアップ Pアップ
RST Pアップ Pアップ

ちなみにIDEの設定↓
キャプチャ.PNG

注意!!

  • 毎回書き込み前にGNDに一瞬落とすことでリセット必須。
  • 3V3電源はFT232RLから出てる3V3をそのまま繋いでも電流不足で動かん。ので別の3V3が必要。FT232RLの5Vをレギュレーターで落とせばOK。(ちなみに書き込み時消費電流30mAくらい?Lチカで70mAもいく)

私的メモ

ここまでたどり着くまでに。。。

  • ENピンをプルアップするのを忘れていた。
  • 最初9v電池からレギュレーターで落としていたが放熱が大変だった。

    USBシリアル変換モジュールのUSBから5V取った方が早いことに途中で気づいた。

  • 他のarduinoに書き込んでいたならIDEの設定をESP8266ようにしておく!!

  • 全部プルアップは抵抗を入れる。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away