search
LoginSignup
10

More than 5 years have passed since last update.

posted at

Organization

Hammerspoon と Karabiner-Elements でアプリケーションごとにキーマッピングを変更する

Sierra より前の OSX で動作していた Karabiner はアプリケーションごとにキーマッピングを変更できたが、Sierra で動作する Karabiner-Elements ではその機能がなくなってしまった。Hammerspoon と Karabiner-Elements を組み合わせて Sierra でもそれを実現する。

背景

Sierra より前の OSX ではキーマッピングを以下のように設定していた(US 配列のキーボードを利用)。

  • Caps lockCommand に変更: Mac のシステム環境設定で設定
  • ターミナルでは左の CommandControl に変更: ↑で設定したものを更に iTerm2 で設定
  • MacVim でも左の CommandControl に変更: Karabiner でアプリケーションごとに設定を変更して対応

しかし冒頭に書いた理由で MacVim の設定が実現できなくなり、とても困っていた。

手順

  • Karabiner-Elements に複数のプロファイルを用意
  • Hammerspoon でアプリケーションごとにプロファイルを変更

こちらの記事でキーボードごとに設定変更していたので、それをアプリケーションごとに変更できるようにした)

Karabiner-Elements に複数のプロファイルを用意

Karabiner-Elements の Profiles から作成する。今回は名前を MacVim とした。

K-1.png

作成したプロファイルを [Select] してから Simple Modifications でキーマッピングを追加する。

K-2.png

Karabiner-Elements は ~/.config/karabiner/karabiner.json に設定を保存している。profiles 以下はこのようになっているはず。

~/.config/karabiner/karabiner.json(抜粋)
{
  "profiles": [
    {
      "name": "Default",
      "selected": true,
      "simple_modifications": {}
    },
    {
      "name": "MacVim",
      "selected": false,
      "simple_modifications": {
        "caps_lock": "left_control"
      }
    }
  ]
}

Hammerspoon でアプリケーションごとにプロファイルを変更

Hammerspoon で利用中のアプリケーションを取得して、プロファイル変更スクリプトを実行する。

~/.hammerspoon/init.lua
local home = os.getenv("HOME")

local function handleGlobalEvent(name, event, app)
    if event == hs.application.watcher.activated then
        -- hs.alert.show(name)
        if name == "MacVim" then
            hs.execute(home .. '/.hammerspoon/karabiner-switcher 1')
        else
            hs.execute(home .. '/.hammerspoon/karabiner-switcher 0')
        end
    end
end

watcher = hs.application.watcher.new(handleGlobalEvent)
watcher:start()

プロファイル変更スクリプト(実行権を付与すること):

~/.hammerspoon/karabiner-switcher
#!/usr/bin/env ruby

require 'json'

select = ARGV[0].to_i

filename = "#{ENV["HOME"]}/.config/karabiner/karabiner.json"
file = File.open(filename)
data = JSON.parse(file.read)
file.close

data["profiles"][0]["selected"] = select == 0
data["profiles"][1]["selected"] = select == 1

json = JSON.generate(data)

file = File.new(filename, "w")
file.write(json)
file.close

これで通常時は profiles[0] # Default が、MacVim 利用時には profiles[1] # MacVim が有効になる。
MiscShow profile name in menu bar をONにすると動作確認ができて便利。

h1.png
h2.png

その他

僕の場合は Karabiner-Element を入れると Mac のシステム環境設定で設定した修飾キー変更が効かなくなってしまったので、Default プロファイルに caps_lockleft_command にする設定を入れた。

まとめ

最終的に以下のように設定することになった。

  • Caps lockCommand に変更: Karabiner-Elements の Default プロファイル
  • ターミナルでは左の CommandControl に変更: ↑で設定したものを更に iTerm2 で設定
  • MacVim では左の Caps lockControl に変更: Karabiner-Elements の MacVim プロファイル

参考にしたWebページ

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
10