Edited at

Ubuntu18.04 LTSのインストールからNVIDIA GPU Driverのインストールまで


はじめに

前記事にて、Ubuntu16.04 LTSとGPU Driverのインストールをまとめました。

今回は、Ubuntu18.04 LTSで同様のインストールを試したので、内容が重複する所はありますが、一からまとめておこうと思います。

なお、基本的にGPUの停止以外は16.04 LTSのときと相違はないです。

また、GRUBの編集部分は16.04 LTSのときから改善?したので、多少違いがあります。


Ubuntu18.04 LTSのライブUSB作成

Ubuntuのインストール方法として、今回はライブメディアの中でもUSBを使用します。

まずは、Ubuntuをインストールするために必要なライブUSBを作成します。

(今回は、Windows環境にてライブUSBを作成していきます。)


準備するもの

・USBメモリ:Ubuntuのisoイメージのサイズよりも大きいサイズであればOK

・Ubuntuのisoイメージ

・Windows 7 以上

・Rufus


isoイメージのダウンロード

まずは、インストールしたいUbuntuのisoイメージをダウンロードします。今回はUbuntu18.04 LTSを対象とするため、公式サイトよりisoイメージをダウンロードします。


USBメモリのフォーマット

USBをフォーマットしておきます。


RufusでライブUSBの作成

ライブUSBの作成には、Rufusを使用します。

ダウンロードしてきたファイルを実行し、下記のように設定します。

・Device:ライブUSBとして使用するUSB

・Bootの種類:ダウンロードしたisoイメージ

後はそのままでOKです。「スタート」を押して作成を開始します。


Ubuntu18.04 LTSのインストール手順

今回はUEFIでインストールします。


UEFIの設定画面への移行

既にUbuntuがインストールされており、新たに再インストールする場合は、下記のコマンドでUEFIの設定画面に移行できます。

sudo systemctl reboot --firmware-setup

UEFI:USBの読み込みを最優先に設定し、ライブUSBを挿した状態で再起動すると、Ubuntu Installが選択できるGRUB画面が起動します。


デフォルトGPU Driverの無効化とUbuntuのインストール

しかし、GPUを搭載した状態でインストールを開始しようとすると、下記のような標示が出て進まなくなります。

Ignoring BGRT: failed to map image header memory

これはどうやら、デフォルトのGPU Driverが悪さをしているようです。

そこで、GRUB画面で「Ubuntu Install」にカーソルを合わせて「e」を押すと、起動コマンドの編集画面に移行します。

この画面で、「pci」の部分を以下のように変更して「F10」キーを押し、再起動します。

pci=nomsi quiet splash nomodese

すると、先ほどの表示は出ずにそのままインストール画面に移行するはずです。

後は、指示に従ってインストールすればOKです。


NVIDIA GPU Driverのインストール

Ubuntuのインストールが完了したら、次はNVIDIA GPU Driverのインストールします。

まずは更新をしておきます。

sudo apt-get update

sudo apt-get upgrade

次に、先ほど編集したGRUBを改めて編集しておきます。

sudo vi /etc/default/grub

下記のような行があると思いますが、

GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT="quiet splash"

GRUB_CMDLINE_LINUX=""

これを、以下のように修正します。

GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT="quiet splash pci=nomsi nomodeset"

GRUB_CMDLINE_LINUX="pci=noaer"

再起動します。

sudo reboot


NVIDIA Driverのインストール手順

それでは、実際にNVIDIA Driverをインストールします。

Ubuntu16.04 LTSではCUIモードで実行しましたが、

今回は普通にGUIでインストールしました。

(画面の解像度上も問題がなかったためです。)

まず、PPAリポジトリにグラフィックスドライバ関連を追加します。

sudo add-apt-repository ppa:graphics-drivers/ppa

更新します。

sudo apt update

下記のコマンドでグラフィックボードの詳細を確認します。

ubuntu-drivers devices

recommendされたnvidia-driverをインストールします。

(自分の場合は415でした。)

sudo apt-get install nvidia-415

再起動をします。

sudo reboot

再起動後、Ubuntu画面の解像度が最適化されていれば、恐らくNVIDIA GPUが上手く反映されているということになります。

NVIDIA Driverのテストとして、下記のコマンドで確認しましょう。

nvidia-smi

以上で、Ubuntu16.04 LTSとNVIDIA GPU Driverのインストールは終了です。

お疲れ様でした。

(なお、この後CUDAをインストールすると、GPU Driverが上書きされてしまうようです。

よって、一度GPU Driverを削除するか、GPU Driverを入れる前にCUDAをインストールするとよいでしょう。)