Ubuntu16.04 LTSのインストールからNVIDIA GPU Driverのインストールまで


はじめに

GPU(GTX1080Ti)を搭載したDesktop PCの初期設定を行いました。

まずは、Ubuntu16.04 LTSのインストールから、搭載したGPUを使用するためのGPU Driverのインストールまで実施したので、メモ程度ですが手順をまとめておこうと思います。


Ubuntu16.04 LTSのライブUSB作成

Ubuntuのインストール方法として、今回はライブメディアの中でもUSBを使用します。

そこでまずは、Ubuntuをインストールするために必要なライブUSBを作成します。

なお今回は、Windows環境にてライブUSBを作成していきます。


準備するもの

・USBメモリ:Ubuntuのisoイメージのサイズよりも大きいサイズであればOK

・Ubuntuのisoイメージ

・Windows 7 以上

・Rufus


isoイメージのダウンロード

まずは、インストールしたいUbuntuのisoイメージをダウンロードしてくる必要があります。今回はUbuntu16.04 LTSを対象とするため、公式サイトよりisoイメージをダウンロードします。


USBメモリのフォーマット

念のためにUSBをフォーマットしておきます。


RufusでライブUSBの作成

ライブUSBの作成には、Rufusを使用します。

ダウンロードしてきたファイルを実行し、下記のように設定します。

・Device:ライブUSBとして使用するUSB

・Bootの種類:ダウンロードしたisoイメージ

後はそのままでOKです。「スタート」を押して作成を開始します。


Ubuntu16.04 LTSのインストール

今回はUEFIでインストールします。


UEFIの設定画面への移行

既にUbuntuがインストールされており、新たに再インストールする場合は、下記のコマンドでUEFIの設定画面に移行できます。

sudo systemctl reboot --firmware-setup

UEFI:USBの読み込みを最優先に設定し、ライブUSBを挿した状態で再起動すると、Ubuntu Installが選択できるGRUB画面が起動します。


デフォルトGPU Driverの無効化とUbuntuのインストール

しかし、GPUを搭載した状態でインストールを開始しようとすると、下記のような標示が出て進まなくなります。

Ignoring BGRT: failed to map image header memory

これはどうやら、デフォルトのGPU Driverが悪さをしているようです。

そこで、GRUB画面で「Ubuntu Install」にカーソルを合わせて「e」を押すと、起動コマンドの編集画面に移行します。

この画面で、「quiet splash」を「nomodeset」に変更し、「F10」を押して再起動します。

すると、先ほどの表示は出ずにそのままインストール画面に移行するはずです。

(ちなみに画面の解像度は最適化されていないような状態になりますが、恐らくデフォルトのGPU Driverを無効化したためだと思われます。)

後は、指示に従ってインストールすればOKです。


NVIDIA GPU Driverのインストール

NVIDIA GPU Driverのインストールに関しては、下記の記事を参考にさせていただきました。

UbuntuにNVIDUAドライバを入れる手順

Ubuntuのインストールに成功したら、まずは更新をしておきます。

sudo apt-get update

sudo apt-get upgrade

次に、先ほど編集したGRUBを改めて編集しておきます。

sudo vi /etc/default/grub

下記のような行があると思いますが、

GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT="quiet splash"

GRUB_CMDLINE_LINUX=""

これを、以下のように修正します。

GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT="quiet splash pci=nomsi nomodeset"

GRUB_CMDLINE_LINUX="pci=noaer"

再起動します。

sudo reboot


NVIDIA Driverのインストール

それでは、実際にNVIDIA Driverをインストールします。

最初に、Ctrl+Alt+F1を押してCUIモードに移行します。

そして、下記のコマンドを入力し、GUIを停止させておきます。

(CUI環境でやらないとフリーズするらしいです。)

sudo service lightdm stop

続いて、PPAリポジトリにグラフィックスドライバ関連を追加します。

sudo add-apt-repository ppa:graphics-drivers/ppa

更新します。

sudo apt update

下記のコマンドでグラフィックボードの詳細を確認します。

ubuntu-drivers devices

recommendされたnvidia-driverをインストールします。

(自分の場合は415でした。)

sudo apt-get install nvidia-415

最後に、停止したGUIを開始させておきます。

sudo service lightdm restart

そして、再起動をします。

sudo reboot

再起動後、Ubuntu画面の解像度が最適化されていれば、恐らくNVIDIA GPUが上手く反映されているということになります。

NVIDIA Driverのテストとして、下記のコマンドで確認しましょう。

nvidia-smi

以上で、Ubuntu16.04 LTSとNVIDIA GPU Driverのインストールは終了です。

お疲れ様でした。

(メモ程度なので、できれば随時更新していこうと思っています。)