Git

【備忘録】タグの使い方

前書き

Gitにはタグという便利なものがあります。

コミットに対してタグを付けることができます。
作成したタグを指定して、その時点のソースを簡単に落とすことが可能です。

タグの一覧を確認

$git tag

タグの作成

$git tag 【タグ名】 【ブランチ名】

例)

$git tag V1.0.0 master

この場合、masterブランチの最後のコミットに対して、タグが付けられるようです。

タグの反映

$git push 【リモートリポジトリ】 【タグ名】 // 指定したタグをリモートへ
$git push 【リモートリポジトリ】 --tags   // ローカルのタグ全てを一括でリモートへ

タグはリモートにプッシュして初めてリモートに反映されます。

タグを指定してエクスポート

$git archive --format zip --prefix=export/ 【タグ名】> 【出力先】

例)

$git archive --format zip --prefix=export/ v_1.0.0 > ../export.zip

プロジェクトフォルダの一つ上の階層に、export.zipが作られます。
階層構造を保ったまま、タグを付けた時点のソースコードを落とせます。