search
LoginSignup
3

More than 5 years have passed since last update.

posted at

updated at

Node.js + Express + あえてCloudant で REST APIを作成する(準備編)

はじめに

  • Cloudant NoSQL DB自体"REST API"を出しているので車輪の再発明なのはわかっている上で、Cloudantのドキュメントに対してCRUD操作を行うREST API開発の練習を行った備忘録です。
  • API設計は "Web API The Good Parts" に沿うこととします。
  • 当記事では環境準備の流れを記載します。

前提条件

使用した環境は以下です:

  • Mac: OSX El Capitan 10.11.6
  • Atom: V1.14.4
  • Node.js: V6.9.4
  • npm: V3.10.10
  • Express4 & Express-generator
  • Cloudant npmモジュール

事前準備

Node.jsの導入

多くの記事にもなっていますのでここでは詳細割愛します。
"Node.js"のページに従ってください

Express4 & Expresss Generatorの導入

多くの記事にもなっていますのでここでは詳細割愛します。
"Express"のページに従ってください。

Cloudant npmモジュールの導入

多くの記事にもなっていますのでここでは詳細割愛します。
"Cloudantのnpmモジュール"のページに従ってください。

Cloudant サンプルDBの作成

ここではBluemixを使います。まずBluemix上でCloudantインスタンスをデプロイします。Bluemixのアカウントは取得済みであることが前提です。
続いてIBM提供のサンプルDBにあるanimaldbをレプリケーションします。

  1. Bluemixにログインし、Cloudant NoSQL DBを検索します。
    Kobito.JmXpmP.png

  2. 無料のLiteプランを選択して作成をクリックします。
    Kobito.QEEo3a.png

  3. 作成できたら、接続情報を確認します。
    Kobito.UvT2HG.png

  4. DBのコンソールを立ち上げます。
    Kobito.nfrBMg.png
    Kobito.tmyHWC.png

  5. アカウントの画面です。
    Kobito.6F31Mw.png

  6. 続いてIBMが提供しているサンプルDBのレプリケーションを行います。ここではanimaldbを使います。
    Kobito.h3luzo.png

  7. Replication > New Replicationをクリックします。
    Kobito.2CDw2S.png

  8. 以下のように設定し、Start Replicationをクリックします。
    Kobito.ZJ9h9x.png

  9. 3で確認した接続情報のパスワードを入力して再度Start Replicationをクリックします。
    Kobito.Vsxfpa.png

  10. レプリケーションが始まるのでしばらく待ちます。
    Kobito.pzE5S8.png

  11. 完了しました。
    Kobito.8ETDHo.png

  12. DBができているのが確認できます。
    Kobito.LVQfoS.png

  13. 続いてanimaildbのドキュメントが確認できます。
    Kobito.KorEf0.png

まとめ

以上で環境準備を完了しました。次回はNode.js + Expressを使って、Cloudantドキュメントに対してCRUD操作を行うコードとAPI設計について書いていきます。

参考文献

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
3