MySQL
AWS
RDS
ElasticBeanstalk

Elastic Beanstalkで一緒に作ったMySQLの日本語対応


1. RDSのページを開いて

左のメニューのパラメータグループを開いて

右上のパラメータグループの作成を開いて

- パラメータグループファミリー

- タイプ

- グループ名

を適宜入力して作成


2. 作成したパラメータグループを開いて

フィルタ パラメータcharacter_を入力して以下のパラメータを変更して保存



  • character_set_results : utf8


  • character_set_connection : utf8


  • character_set_client : utf8


  • character_set_server : utf8mb4


  • character_set_database : utf8mb4


3. 日本語対応させたいデータベースを選択して

右上の「変更」を押して

データベースの設定 > DB パラメータグループ

作ったパラメータグループを割り当てて「次へ」を押し

変更のスケジュールからすぐに適用を選んで保存


4. 一覧から再度データベースを選択して

設定タブからパラメータグループを見て

(同期中)になったら右上のアクションから再起動


5. データベースを作り直す

すでに作られたテーブルがある場合文字コードは古いままなので変更するか作り直すか

作り直すなら

$ eb ssh

でEC2にログインして

$ mysql -u$RDS_USERNAME -p$RDS_PASSWORD -h$RDS_HOSTNAME -D$RDS_DB_NAME

でDBに接続して

mysql> SHOW DATABASES;

+--------------------+
| Database |
+--------------------+
| information_schema |
| ebdb |
| innodb |
| mysql |
| performance_schema |
| sys |
+--------------------+
6 rows in set (0.01 sec)

mysql> DROP DATABASE ebdb;
mysql> CREATE DATABASE ebdb;
mysql> exit

てな感じでDBの作り直し

あとはテーブルやらなんやら作り直しておしまい